みんなの住まい

新生活に向けて、センスの良い部屋にしたいなら「ジェネリック家具」をチェック

ル・コルビジェ、イームズ、ヤコブセンなど世界的な著名デザイナー達が生み出した名作家具の数々。我が家に置きたくても、簡単には手が出せない価格です。そんな名作家具も、求めやすい価格で手に入る「ジェネリック品」なら買えるかもしれません。新しい季節、住まいを引っ越したら家具も買い替えてみませんか。

名作が時を超えて復刻。意匠権が切れたからこそ作れるジェネリック家具のメリットとは?

ジェネリック家具とは一般的に、意匠権が切れた家具を正規メーカー以外が復刻製造したもののことを言います。一般的になってきた"ジェネリック医薬品"と同じような考え方ですね。ジェネリック家具は「リプロダクト(再現)品」と呼ぶことも。

量産される工業製品は一般的に著作物とはされず著作権が認められていません。そのため大量生産される家具製品についても著作権ではなく意匠権により保護されることが多いのです。

日本での意匠権存続期間は意匠法により20年とされています。意匠権が切れた家具はライセンスを持っていなくても同じデザインを自由に作ることができるのです。

商品開発費がかからない、素材のグレードを下げる、大量生産をすることなどによって、中にはオリジナルの10分の1以下にまで価格を抑えた家具もあります。「高すぎて買えない」「子どもやペットがいるので高価な家具は気軽に置けない」など諦めていた方も、ジェネリック家具なら憧れの名作家具を手に入れることも夢ではないかもしれませんね。

買いたいけどちょっと心配。ジェネリック家具を選ぶときのポイントって?

名作家具の復刻品と言っても、「品質は? すぐに壊れたりしないの?」と心配になりますね。ジェネリック家具は、メーカーによって品質の差が大きいとも言われています。買ってから後悔しないように、失敗しないためのコツがありました。

名の通ったショップが安心。品質保証も聞いてみる

一番安心なのは、現物を見て確かめられる実店舗で買うこと。さらに定評がある家具販売店なら安心できます。品質保証やアフターサービスがあるかも聞いてみましょう。インターネット販売のみの場合は、楽天市場やアマゾンなど、信頼できるサイトから販売されているかチェックします。そのメーカーが作っているオリジナル製品を見れば、品質の良さも確認できます。あわせて商品レビューも確認。実店舗でもネットショップでも、信用できるお店から買ってくださいね。

価格は妥当? 他店と比べて安すぎないか

コストパフォーマンスの高さが魅力のジェネリック家具ですが、あまりにも安すぎるものは注意が必要。例えば、ル・コルビジェの「LC4 シェーズロング」という椅子は、正規品では500,000円以上しますが、ジェネリック品では80,000円前後が市場価格となっています。いくつかショップを見比べると、大体の相場が分かりますね。それより明らかに安すぎる場合は、粗悪品の可能性があるので気を付けた方が良いかもしれません。

オリジナルかジェネリックか。ジェネリックで有名な家具は?

家具の説明に「ジェネリック家具」や「リプロダクト製品」と書いてあることを確かめます。意匠権の期限が過ぎているか、20年以上前にデザインされた家具であるかもしっかりチェック。リプロダクトされる有名なデザイナーは、ル・コルビジェ、チャールズ&レイ・イームズ、アルネ・ヤコブセン、ジョージ・ネルソン、イサム・ノグチなど、1900年代の前半から半ばに活躍したデザイナーや建築家の作品です。特に1900年代半ばは"ミッドセンチュリー"と呼ばれ、イームズ夫妻やイサム・ノグチが活躍した時代。日本では、ミッドセンチュリーのプロダクツや北欧家具が人気を集めています。

名作家具を楽しみたい! モデルルームに学ぶ"効かせ方"

オリジナルなら美術品のように眺めてしまいそうですが、ジェネリックなら気軽に使えて暮らしを楽しめます。たった一つ部屋に置くだけで、雰囲気をがらりと変えるデザイナーズファニチャー。おすすめを紹介しながら、住まいへの取り入れ方を見てみましょう。


優美なボディライン「LC4シェーズロング」

近代建築の巨匠ル・コルビジェが"休養のための機械"と呼んだ寝椅子「LC4シェーズロング」。身体のラインに合わせたデザインが座り良さバツグンで、つい眠たくなってしまいそうです。


置いたのはリビングに続く小部屋。部屋を仕切らず広く使い、主役感を強調しています。直線的な空間にLC4シェーズロングを置くことで、空間に動きが生まれていますね。重厚感のある部屋や書斎には、こんな斬新なデザインの家具が似合います。

ファインコート石神井公園ザ・プレミア モデルルーム/LC4シェーズロング(カウハイド)


自然となじむ「ノグチテーブル」

日本人の父親とアメリカ人の母親の間に生まれたイサム・ノグチは、たぐいまれな美貌を誇っていたそうです。おにぎり型の天板に同じ形のパーツを2つ組み合わせた「ノグチテーブル」は、どこかちゃぶ台を連想させます。単体で強烈な個性を発していますが、部屋に置くと空間に溶け込むのが不思議。


明るい光が差し込むリビング・ダイニングに馴染みながらモダンさをプラスしていますね。広めのリビングなら、こんな遊び心があるテーブルを置いてみてはいかがでしょうか。

パークシティ柏の葉キャンパス サウスフロント モデルルーム/ノグチテーブル


名作でありながら大衆的「シェルサイドチェア」

ミッドセンチュリーの代表的なデザイナーと言えば、チャールズとレイのイームズ夫妻です。既に結婚していたチャールズはレイに出会い、すぐに恋に落ちました。そしてめでたく再婚。そんな2人が目指したのは、「基本的な形でも美しい、高価過ぎない家具」でした。モダンで機能的な家具は、現代のマンションにもよく似合います。


こちらのワークスペースではチェアのウッドと床や机の色をナチュラルブラウンでそろえています。壁と天井のホワイトだけでは単調になるところを、グリーンを規則正しく置いて空間を引き締めていますね。シェルサイドチェアはどんなインテリアにも合わせやすいので、ダイニングチェアとして家族分そろえてみても良さそうです。

パークホームズ船橋宮本ヒルトップ モデルルーム/イームズシェルサイドチェアウッドペース


ボリューム感がかわいい「エッグチェア」

日本でも人気の高い北欧家具。中でも「セブンチェア」「スワンチェア」「アントチェア」など、歴史に残る名作を多く手がけたのが、デンマークのアルネ・ヤコブセンです。



ベッドルームの一角に置いたエッグチェア、木の風合いを活かしたサイドテーブルと合わせて、北欧の温かみを表しているようです。変形ラグもエッグチェアを引き立てていますね。フロアライトが柔らかく光り、心地よいムードも高まります。自宅でのんびりくつろぎたいと考えている方は、このような癒しスペースを設けてみてはいかがでしょうか。

パークホームズ大通公園コンフォートプレミア モデルルーム/エッグチェア

時代を超えて愛されてきた名作家具の数々も、ジェネリックなら手が届きそうです。新しい生活が始まるとき、使うほどに住まいになじむデザイナーズファニチャーを置いてみてはいかがでしょうか。

画像協力:TIMELESS CRAFT

人気記事