みんなの住まい

【無印良品が教える】 おうちでアロマを楽しむ方法・おすすめの香り

おしゃれなお部屋に欠かせない、優しく素敵な香り。香りを楽しむさまざまなアイテムがありますが、なかでもエッセンシャルオイルは、香りによって落ち込んだ雰囲気を和らげたり、場の空気を切り替えたりするきっかけをくれるアイテムです。
今回は、「無印良品」のアロマ製品を企画している、株式会社良品計画の中野さんにお話を伺いました。

お話を伺った人:株式会社 良品計画
生活雑貨部 中野滋子さん

アロマを楽しむ前に知っておきたいこと

アロマってなに?

アロマとは、天然の果実や植物などから芳香成分を抽出したオイルを使って心身をリラックスさせて楽しむこと。メディアなどでよく目にする“アロマテラピー”には、ヨーロッパの漢方的な治療の流れをくむものもあるようですね。さまざまな楽しみ方があるなかで、「無印良品」では100%天然素材から抽出したエッセンシャルオイルを親しみやすいかたちで揃えているのだそう。

エッセンシャルオイルには、多種多様な香りがあって、どれも欲しくなってしまいますね。たとえば、リラックスしたい時は甘く優しい香りを、リフレッシュしたい時にはすっきりした香りを選んだりと、その時の気分やシーンに合わせて楽しむことができます。エッセンシャルオイル同士を混ぜて、自分だけの好みの香りをつくる楽しみ方もあります。

エッセンシャルオイルの選び方と注意点

100%天然のものがエッセンシャルオイルと呼ばれます。同じような名前で安価で出回っている、合成の芳香剤や香料とは全く別物です。パッケージに原産地や学名がきちんと書かれている物を選ぶようにしましょう。

エッセンシャルオイルは濃度が高い原液のため、直接皮膚に付くとかぶれてしまったりすることもあります。子どもやペットがいる家庭では、オイルを手の届かない場所にしまうなど管理に注意しましょう。また、香りの影響を受けやすいと言われる妊婦さんや持病のある方は、医師のアドバイスを受けてから使用するように心がけましょう。

お家でアロマを楽しむ方法

エッセンシャルオイルでアロマを楽しむには、アロマディフューザーや素焼きストーンなど、好みの道具を使います。アイテム選びの基準やポイントを中野さんに伺いました。

お部屋全体に香りを広げられる、アロマディフューザー

「アロマディフューザーは、超音波で発生させたミストで香りを拡散するアイテムです。香りをお部屋全体に広げたい時におすすめです。超音波のタイプは過熱による温度変化がなく、エッセンシャルオイル本来の香りを楽しめます。

お部屋全体に香りを広げたい時や、広い場所にはアロマディフューザーがぴったり

ディフューザーにはライトがついたタイプもあり、お部屋の間接照明としても使用できます。置くだけで、お部屋の雰囲気を変えられることもメリットと言えるのではないでしょうか」(中野さん、以下同)

狭い空間におすすめの素焼きストーン、アロマポット

「デスクや枕元などの狭い空間でアロマを楽しみたい時はアロマストーンがおすすめです。素焼きストーンにオイルをしみこませれば、気化した香りが徐々に広がります。香りは個人で好みがあるので、パーソナルスペースで控えめに楽しみたい時におすすめです。玄関やトイレなどの小さなスペースにもぴったりです。

左:素焼きストーンは個人の空間で、香りを楽しみたい時におすすめ  右:キャンドルを使用するアロマポット。炎の揺らぎが癒しに

アロマポットは、天面のお皿の水にオイルを数滴たらし、キャンドルの熱で徐々に香りを広げるタイプ。キャンドルの炎の揺らぎも楽しめます」(同)

シーン別! おすすめのアロマ紹介

朝、昼、夜。それぞれどんな香りを使えば良いのでしょうか? おすすめの香りを中野さんにご紹介いただきました。

Morning(朝)

おすすめの香り:ユーカリ、ペパーミント、レモングラス、グレープフルーツ、ライム など

朝日が差し込む明るいリビングでは、爽やかな香りを(パークコート乃木坂 ザ タワー 100Aタイプ メニュープラン)

「ユーカリは清涼感のある香りで目覚めをスッキリさせたい方におすすめの香りです。レモングラス、グレープフルーツ、ライムなどは柑橘の酸味と甘みのある爽やかでジューシーな香り。こちらも朝にぴったりの香りですね」(同)

Daytime(日中)

おすすめの香り:ラベンダー、シダーウッド、ローズマリー、ティートリー、ユーカリ など

広いリビングでヨガを楽しむなら、ラベンダーの優しい香りをチョイス(パークホームズ田無 ザ ガーデン Hタイプ モデルルームプラン)

「ヨガタイムや、お部屋でゆっくりとくつろぐときはラベンダーやシダーウッドがすすめです。一方、日中仕事で頭をスッキリさせていたい時には、ローズマリー、ユーカリやサイプレスといった香りを選んでみてはいかがでしょう。特にユーカリは、葉の青々しく清涼感のある香りでしゃきっとしますよ」(同)

Night(夜)

おすすめの香り:カモミール、ラベンダー、ベルガモット、スウィートオレンジ

やすらぎたい夜には、安眠へと導いてくれる香りを(パークホームズ千代田淡路町 M type)

「お休み前にぴったりな香りとして代表的なのはラベンダーですね。ゼラニウムはローズのような香りで、ラベンダーとも相性が良く、ブレンドすると甘くてリラックスできる香りを楽しめます。また、シダーウッドは木の皮をイメージさせる、深みのあるウッディな香りです。ゆったりおだやかに過ごしたい時などにおすすめしたいです。ベルガモットやスウィートオレンジは柑橘の中でも優しい香りを楽しめます。無印良品での取扱いはないのですが、カモミールはリンゴのような甘酸っぱい香りでこちらも就寝前にピッタリだと思います。

ご紹介した香り以外にもエッセンシャルオイルにはたくさんの種類があります。シーン別におすすめを紹介しましたが、香りを嗅いで、『心地良い。いい香り』と感じたものを選ぶのが一番良いです。また、1種類の香りで飽きてしまった方は、さまざまな使用シーンに合わせてブレンドした、“ブレンドエッセンシャルオイル”もチェックしてみてください」(同)

いかがでしたか?
香りのある生活が、今よりちょっと豊かな日常を運んできてくれるかもしれません。今回ご紹介したアロマを取り入れて、より素敵な空間づくりを楽しんでくださいね。

人気記事