みんなの住まい

マネしたい! 人気インスタグラマー@mujikko_rieさんに学ぶおしゃれな部屋は収納から!

無印良品を使いこなし、ライブドア公式ブログ「良品生活」やSNSでフォロワー2万7千人超、「ママムジラー」のmujikko(RIE ) さん。手に入れやすく、使いやすい収納のアイデアを、洗練された写真で発信し続けています。素敵な写真の舞台裏をのぞかせていただきました。

お話を伺った人:mujikko(RIE ) さん

ご主人とお子さん2人の4人暮らし。
インテリアと雑貨が大好きなmujikko(RIE ) さん。暮らしのテーマは「ゆる~くスッキリ!」。
整理収納コンサルタントの資格を生かし、インテリアと収納を両立させるアイデアをSNSやブログで発信されています。



おしゃれな部屋の土台は「引き算」と「収納」

【ポイント1】部屋の写真を撮って客観的にチェックする

おしゃれに見える収納のテクニックは「引き算」ですね。インテリアと雑貨を引き立たせたいので、余計なものは置かないようにしています。植栽や家具は隠れないように気を使っています。収納は、使ったものをすぐしまえるように、引き出しなどにスペースを確保します。

また、家をきれいに保つためには、「人を呼ぶこと」と、「写真を撮ること」は効果絶大だと思います。写真を撮るために片付けるから、という理由ではなくて、そのままだと気付かなかったことも第三者目線で見れるので、気に入らない部分を見つけられるんです。

家にものが増えると、家族全員、その状態が普通になって誰も片付けなくなるので。欲しい物を新しく買った分持ち物を減らし、こまめに循環させています。

【ポイント2】散らかりやすい子ども部屋は楽しく片付けられる仕組みを

子どもが物を入れる場所は、絶対作ってあげないといけないですね。成長するにつれて、ものが増えていくけど、減らせるものも出てくる。そこをどううまく入れ替えるか、定期的な見直しが大切だと思っています。おもちゃは全部並べて仕分けたりしますよ。最近は娘一人でできるようになりました。娘が今度小学生になり、保育園グッズは要らなくなるので、入れ替えようかと思っています。

中の仕切りパーツのための突起があり、入れたいものに合った仕切りパーツを自在に組み合わせる

折り紙などもあふれてくるので、「ここに入るだけ」と決めると子どもが自分で整理します。ヘアゴム、おもちゃなども入れる場所を決めています。お絵描きグッズは、仕切りパーツを自在に組み合わせることができるキャリーケースに入れて収納しています。

【ポイント3】リビングは見せる収納と隠す収納をうまく組み合わせる

自由にパーツを組み合わせられるシェルフ

引き出しや扉のようなパーツが選べるシェルフが使いやすいです。見せる収納としても、見せたくないものには蓋をつけてもいいので自由に使えます。

【ポイント4】普段使っている物もオブジェのように見せる

スチール工具箱は、こまごましたものを飾るときに活用しています。重さがあるので持ち運ぶより置いて使うほうがいいと思います。

レトロなあたたかい白のスチール工具箱に小物をディスプレイ

【ポイント5】毎日の動線に沿って自然に収納できる仕組みを作る

3連ハンガーは娘の保育園のカバンとプールバッグなどをかけています。ここのすぐ横が洗濯機と洗面所なので、そのまま洗濯機に入れるのに便利です。持って行くときも忘れにくい場所なので、最近娘は自分でカバンを持って行けるようになりました。

フック部分はフラットにしまうこともできる3連ハンガー

【ポイント6】収納空間を区切ったりラベルを貼って一覧性アップ

いろいろな形がある整理ボックスは、引き出しの収納に大活躍しています。カトラリーやキッチンツールなど、出し入れがしやすいです。お皿はファイルボックスに入れているんですよ。

引き出しの細かい物は整理ボックス、ファイルボックスや仕切りスタンドでお皿も取り出しやすくスッキリ

冬の間使わない水鉄砲、ガーデニングの肥料などは、屋外でも使えるボックスに。色がホワイトなので圧迫感もあまりなく、見た感じもすっきりしています。ラベルを貼って中身が分かるようにしています。

ガーデニング資材など重みのあるものもおまかせ!

mujikko(RIE ) さんにとって「家」とは

一人暮らしを始めたときからインテリア雑誌をよく見ていました。アジアン、ミッドセンチュリーなど、いろいろ挑戦したこともありますが、やはり子どもができてからは難しいですね。マイホームの壁を塗る、ということには昔から憧れています。今はまだうまくできないですが、購入して7年くらいなので、あと数年経ったら挑戦したいなと思っています。

以前は賃貸マンションに住んでいたのですが、娘が生まれるにあたり、手狭になったので引っ越そうということになって。ちょうどいいタイミングで新しいマンションが見つかり、マイホームを購入しました。ソファーやテーブルを買うときには、必ず家族で実物を見に行って、シミュレーションしたんですよ。そうして大切に選んだ思い出があるので、家の中で特にお気に入りなのは、ダイニングテーブルですね。パソコンを使って仕事をするのもダイニングテーブルなので、一人のときも家族と過ごす時も、「いつもの場所」になっていますね。

生活に使うもの、置いてあるもの、すべてがオブジェのよう

まだ新しいmujikko(RIE ) さんの家。素顔のままのお家をたっぷり楽しんでから、思い切り創造の羽を伸ばす。マイホームだからこその楽しみですね。ご紹介したテクニックで、あなたも“おしゃれな収納”に挑戦してみてくださいね。

@mujikko_rieさんのInstagramアカウントはこちら:@mujikko_rie

人気記事