みんなの住まい

【イベントレポート】ママ目線で暮らしやすさを聞こう!@晴海・勝どきエリア

新しい暮らしを考えるとワクワク楽しみな反面、家族の生活を支えるママにとっては、新しい環境への不安や知りたいことも多いのではないでしょうか。そのような想いから、地元ママの声を生に聞く座談会を3月24日(土)「パークタワー晴海イマジネーションミュージアム」にて開催しました。お話をお伺いしたのは佃に5年、勝どきに5年お住まいで、小学校1年生と幼稚園年少さんのお子さんを持つ橋本さんです。

お話を伺った人:橋本 佳英さん



――このエリアにお住まいになったきっかけは?

もともとこのエリアに地縁はありませんでしたが、結婚を機に佃エリアに。当時夫は大門に、私は有楽町に通勤していて、両方の通勤に便利な場所というのが理由です。また、夫が“ウォーターフロント”での暮らしにすごく憧れていたんです。住み始めてから、夫はリバーサイドでランニングをしたりこのエリアでの生活をとても楽しんでいますよ。
ただ、子どもが2歳になった時に1LDKの家が手狭に感じて・・・でも保育園を変えたくなかったので、同じ中央区内の勝どきに引っ越すことにしました。

――晴海・勝どきエリアの当初の印象は?

引っ越した当初、道幅が広いのが印象的でした。子どもと歩いたりベビーカーや自転車を利用するときにスムーズですし、他の街に行くとこの街の便利さを実感します。

――家族でのお出かけはどんなところへ行きますか?

中央区はあまり坂がないですし、特にこのエリアは自転車と自転車が余裕ですれ違えるほど道幅が広いので自転車でのお出かけが便利です。ららぽーと豊洲はもちろん、ベビー用品店が多くそろっているお台場まで自転車で行くママ友もいますね。また、銀座の三越デパートには買い物客でなくても利用できる駐輪場ができたので、手土産を買いに銀座まで行ったり、一人でレイトショーの映画が見たくなったときはららぽーと豊洲へ行ったり、自転車で気軽に出かけられます。

家族旅行の際には、大江戸線で大門に出てモノレールに乗れば、羽田空港まで行けますし、東京駅行きのバスがたくさん出ているので新幹線に乗るのも便利です。朝早い時や荷物が多い時はタクシーを使いますが、家族全員でバスに乗る料金とさほど変わらない値段で利用できます。将来的には都心と臨海副都市を結ぶBRT(バス・ラピッド・トランジット)というバスの交通網が開通するそうで、お出かけがもっと便利になりそうで今から期待しています。

――近所でお子さんと遊ぶのにおすすめの場所は?

子どもを遊ばせる場所は意外に多いです。大きなジャブジャブ池がある月島第二児童公園という勝どき駅前の公園は、夏場は子どもたちで賑わっており人気です。また、「グロースリンクかちどき」という子育て支援施設には室内アスレチックがあって、小学2年生まで遊べます。児童館もベビーカーで行ける範囲に4つもあって、晴海が一番新しくきれいですね。

グロースリンクかちどきのジャングルジム

――地元のおすすめお買い物スポットは?

パン屋さんとケーキ屋さんのおすすめは3つほどあります。「グーテ ルブレ 勝どき店」のイートインスペースでは、チョココロネなど庶民的なパンをおしゃべりしながら楽しんでいます。「オリミネ ベーカーズ 勝どき店」はカスタードクリーム入りの“くまパン”が有名で子供たちに人気です。「バニャバニャ」はタワーマンションの1階に入っているケーキ屋さんで、好きなイラストを持っていくとお誕生日ケーキに描いてくれます。いずれもママ友の人気も高いです。

「オリミネ ベーカーズ 勝どき店」は看板まで可愛い


――かかりつけの病院について教えてください

大人も子どももいっしょに診てもらえる「たけぶちファミリークリニック」と、病後児保育もある「勝どき小児クリニック」がおすすめです。

そのほかに子どもがよくお世話になるのは、「勝どき耳鼻咽喉科・内科クリニック」、「橘耳鼻咽喉科クリニック」など。歯医者さんも子どもに優しいクリニックがあります。子ども向けに設計された施術台や優しい先生がお気に入りで、「銀座キッズデンタルパーク」に足を延ばす人も多いです。「RKデンタルオフィス晴海」には、ボルダリングやゲームもあり、キッズスペースが楽しいと評判です。

歯医者さんに行くのが楽しくなる「RKデンタルオフィス晴海」

――お子様の教育環境はいかがですか?

中央区の幼稚園は全て区立です。住区で割り振られるので、幼稚園入園のために夜間に保護者が行列することはありません。パークタワー晴海エリアの小学校は、月島第三小学校で、温水プールが地下にあるんですよ。
また、希望すれば、別の学区の小学校に抽選で入れる「特認校制度」というものがあります。平成30年度の特認校は4校あって、城東小学校は理数系に、常盤小学校は英語教育に、それぞれ力を入れていているそうです。ほかには阪本小学校と泰明小学校がありますよ。

交通利便もいいので、私立学校にも通いやすいですし、小学校受験対策用の幼児教室も勝どきにたくさんあります。また、ピアノやそろばん・書道をはじめとする習い事は、1種類決めるのに複数の教室から選べる程、バリエーション豊かなど、教育に関心が高いママも多い気がします。

橋本さんのお話を通して感じた「新しい街と昔ながらの街の素敵な融合」

ウォーターフロントの生活への憧れと、交通利便性に惹かれて始まった橋本さんの晴海・勝どきエリアでの生活。今までにも増して便利になっていくうえに、ゆったりした生活も楽しめ、安心して子育てしながら暮らせる街だと感じました。

とてもたくさんの耳より情報を、気さくに話してくださった橋本さんは、カラーセラピーを勝どきエリアで主催されています。直感で選んだ色が、普段意識していないけれど、心に引っかかっていることなどをほぐす手がかりになるのだそうです。

橋本さんのカラーセラピー line@アカウントはこちら:line://ti/p/@ggq0230i