みんなの住まい

ガーデニングのプロ【SOLSO FARMに聞く】“食べるキッチン”の作り方

植物はインテリアのアクセントとして欠かせませんよね? 最近では、植物のモチーフを取り入れたインテリアがトレンドにもなっています。そこで今回は、お庭が無くても気軽に楽しめる、キッチンに溶け込む植物をご紹介します。「植物と暮らす楽しさ」をテーマに植物、ガーデニングツール、雑貨などを販売しているSOLSO FARMの諸岡さんに、モデルルームを使って実践していただきました。

SOLSO FARMの諸岡さん


テーマは「食べるキッチン」

「お庭が無い方でも植物を取り入れたインテリアを楽しめる場所としてキッチンにスポットをあてました。テーマは”食べるキッチン”。見ていて綺麗だなと思えるガラスの器などに、食べられるハーブや観葉植物を入れてみました。
ハーブはお料理に使うとボリュームが減りますので、目で見て癒される観葉植物なども併せて置くと淋しく見えませんよ。毎日忙しく生活していても、このキッチンに立てばちょっと癒されるような、緑に囲まれて生活するって幸せ! という気持ちを味わえるようなキッチンを目指しました」(諸岡さん、以下同)

左:Before 右:After

植物をキッチンに取り入れるメリット

「メリットは何より、新鮮な植物を食べられるということです。一度収穫して終わりではなく、切って枝数を増やし、どんどん成長させることができます。また小さいお子さんがいる家庭では、植物の育て方を一緒に学び『緑育』『食育』への興味を持つきっかけにもなると思います。キッチンに植物を取り入れることで癒し効果にもなりますよ」(同)

取り入れ方は多種多様! 食べるキッチンの作り方

肉や魚料理のアクセントにぴったりなハーブを取り入れる

「ミント、タイム、カレーの香りがするカレープラント、フェンネル、カモミール、バジルを選んでみましました。これらのハーブは肉や魚料理、スープやサラダ、スパイスなど料理のアレンジに使えます。つっぱり棒を使用して、マダガスカルジャスミンを天井までつるし、観葉植物を置いてキッチンに緑の空間を演出しました」(同)

お料理に使うハーブをコンロの近くに置き、実用性の高いインテリアに

さまざまな種類のドライハーブを取り入れて、ディスプレイとしても楽しむ

「インテリアとしてドライハーブを取り入れてみるのもおすすめですよ。今回はカモミール、ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、レモングラスを集めてみました。SOLSO FARMのスタッフも、その日の気分や自分の体調に合わせて複数のハーブをブレンドしてハーブティーを作っています。色とりどりのドライハーブがあるだけで、見た目も綺麗ですし、癒されますよ」(同)

色とりどりのドライハーブは、見た目も華やかでインテリアとしてもぴったり

どんな植物を取り入れればいいの? おすすめの植物をチェック

「お手入れが簡単で人気が高いおすすめのハーブは、ローズマリーとミントです。ローズマリーは乾燥に強く、ミントは繁殖力があり丈夫なんです。観葉植物だとシェフレラをおすすめしています。乾燥に強く、日光の少ない日陰でも育ち、枯れにくいので初心者の方でも育てやすいですよ。大小様々あり、置く場所によってサイズを選べます。ハーブ栽培に慣れてきたら、レモンの木や果樹など毎年収穫できるものにチャレンジしてみるのもいいですね。毎年実ができるものは育てがいがありますよ」(同)

左:底面給水のハーブ栽培 右:摘み取ったハーブをガラスの容器にディスプレイ

気になるお手入れ方法と注意点

「植物の底面から土に水を浸み込ませて水やりをする底面給水のものは、下の水が減ってきたら水をあげます。土を使わない水耕栽培は2~3日置きに。濁ったままの水だと枯れてしまうので注意が必要です。そのほか、鉢植えは表面が乾いてきたら、鉢底から水が出るまで給水しましょう。
どの植物でも葉っぱや茎が茶色くなってきたら元に戻らないのでカットしてください。育てる際に、先が細い小さいじょうろやハサミ、霧吹きなどがあると便利です。植物にとって、『風通しが良い』『日の光が入る窓辺』など外に近い環境が望ましいです。日光を浴びるとよく育つので、ベランダや外に置けるスペースがあれば半日ほど外に出すのが理想的。朝外出前に外に出して、帰宅時に戻せるといいですね。料理に使うときにキッチンに運んできたり、使う分だけのハーブを摘み取ってガラスの器に差し込むといった使い方だと植物がすくすく育ちますよ」(同)

つっぱり棒を使ったインテリアでぐっとおしゃれなキッチンに

植物をモチーフにした小物を置けば、よりボタニカル感がアップ

植物のある暮らしは、育てる楽しさを満喫できる

「植物のある暮らしの良さは、育てる楽しさを味わえること。水をあげて、新芽や成長過程を観察していると『こんなに大きくなったんだ』『こんなところから芽が生えている』など植物が生きていることに感動します。疲れて家に帰って、植物が健気に待っている様子を見ると癒されると思いますよ。心を無にして植物と触れ合うとストレス発散にもなりますね。植物の手入れをするちょっとしたひと手間が、心のゆとりを持てる行動のひとつだと思っています。それが植物と暮らす楽しさでもありますね」(同)

いかがでしたか?
子育てに忙しいパパやママでも簡単に育てやすい植物からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。忙しい毎日、ついつい効率の良さを優先してしまいがちですが、植物と向き合う時間を持つことで、ゆとりある生活をおくれるかもしれませんね。

取材協力
SOLSO FARM
〒216-0001
神奈川県川崎市宮前区野川3414
044-740-3770
土日祝日のみ営業

人気記事