みんなの住まい

嬉しい!可愛い!けど保管はどうしよう? 増え続ける子どもの作品の上手な片付け方と収納方法

保育園や幼稚園、小学校に通う子どもが一生懸命に制作した工作や絵を持ち帰ってくること、よくありますよね。子どもが自慢げに見せてくれる作品、ママ・パパとしては嬉しいものの、数が増えてくると保管に困る、なんて人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、増え続ける子どもの作品を上手に片付けるコツや保管・収納する方法など、今日からできる、取り組みやすい工夫をご紹介します。

取っておく?捨てちゃう? 頭を悩ませる作品の片付け方

節分や鯉のぼり、七夕にクリスマス。イベントに合わせて子どもが制作してきた作品を見て我が子の成長ぶりを感じるのはとても嬉しいことですよね。でも、収納場所に困るものの、すぐに捨てることもできずに頭を悩ませてしまいます。そんなときに役立つ「捨てるとき」「収納するとき」の工夫をご紹介します。

「捨てる」ルールを決める

あれもこれもとすべてを残していたら、すぐに作品で部屋中があふれ返ってしまいます。やむなく捨てる必要も出てくるでしょうが、そのときに頭を悩ませないためにはあらかじめ捨てるためのルールを決めておくことが大切です。

たとえば、保管用に衣装ケースやファイルケースを用意し、そのケースが満杯になったら中身を見返しながら整理して、不要と判断した作品を処分する。耐久性の弱い新聞紙で作ったものや大きすぎるものなどを優先的に処分対象にすると良いでしょう。

もし、子どもが小学生くらいであれば「1年経ったものは捨てよう」など子どもと一緒にルールを決めることで、お片付けのしつけの一環にもなります。一方、まだルールを理解しづらい小さな子どもなら、ママ・パパが古いものから順にこっそり処分するのがよいでしょう。小さな子どもでも新しい作品はまだ覚えていることもあり、処分してしまったあとに見たがる可能性もあるからです。

手軽にできる収納方法

収納の基本はなるべく頭を悩ませず、ぽんぽんとケースなどに入れていけること。そんな作品の収納に向いたケースやサービス・工夫をご紹介します。

①衣装ケース

クローゼットなどで使う衣装ケースであれば容量も十分にあり、作品の大小に関係なく収納できます。子どもが一人なら、幼稚園や保育園のものは整理せずとも収納できるのではないでしょうか。子どもが複数いる場合は、お子さんごとにケースを分けるといいかもしれませんね。

②サクラクレパス「作品ファイル」

大きな四つ切の画用紙が、合計30枚収納できる作品収納専用のファイルです。二つ折りにできるため、コンパクトに収納が可能です。二つ折りといっても、丸く折るため作品に折り目が付きづらく、大切な絵を大事に保存できる優れモノです。

賞状の保管も可能。立体作品などの写真も60枚収納でき、さらに写真横には説明や思い出を記入できる欄が設けられている

③フェリシモ「思い出ひきだし」

取り寄せた専用キットに子どもの描いた絵を入れて送るだけで、作品を大切に保管してくれる収納サービスです。徹底した空調管理と防火・防災対策の整った環境で保管されるため、ホコリやカビの心配もありません。また、送った作品を本とデータにして「マイ絵本」を作るサービスも行なっており、いつまでも残しておきたい作品におすすめです。

保管だけも可能だが、プロスタッフが写真を撮影し絵本にしてくれるオプションも用意されている

④フォトブックを作る

保管やサービスの利用は面倒だ、と感じる方にはいっそ処分する前提で思い出を残す方法もあります。作品をデジカメやスマホで画像に収めてフォトブックを作るのです。その後、作品の現物自体は処分してしまいます。こうしておくと、クレヨンの劣化や工作の傷みなど、現物の作品では避けられない劣化を防ぎつつ、作品のかたち、大きさに関わらず思い出として残しておけるところが便利です。

また、作品と一緒に子どもを写しておけば、より子どもの成長を感じられる記録になりそうですね。

見せる収納にチャレンジ! 見映えのする飾り方

子どもが一生懸命作った作品、しまい込まずに飾っておいていつでも見られるようにしたい。そう考えるご家庭では、“見せる収納”にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。部屋のインテリアとして飾っておけば、日常生活のなかで何度も見返すことができて、つい口元がほころんでしまいますよ。

ここでは、そうした見映えのする飾り方のアイデアをご紹介します。

現物を飾るための工夫

部屋のインテリアとしてなじむように飾れば、お部屋の雰囲気を壊すことなく暮らしに溶け込みます。やがて破損や劣化してきた場合、新しい作品と取り替える場合などは、子どもと一緒に「ありがとう、さようなら」といって処分。こうすれば、子どもにも整理整頓や処分することに納得してもらいやすくなります。

①吊るして飾る

壁に沿って渡したひもにテープや洗濯ばさみなどで吊るして作品を飾る方法。ただ貼るよりも可愛さを演出できます。また吊るすことで時折作品が揺れるので、動きを出すこともできます。工作などの立体的な作品でも、天井から垂らした糸に吊るせばモビールのように飾ることも。

②フレームに入れて飾る

額縁やフォトフレームなど、フレームに子どもの絵などを入れて飾ります。このとき大きな絵をそのまま飾ってもいいでしょうし、複数の絵をコラージュして1枚のフレームに飾るのも楽しさが演出できていいですね。

③「kodomo.ai」のアート作成サービス

子どもの描いた絵や立体物を撮った写真を元にアートポスターやアートブックなどにしてくれるサービス。アートポスターであれば、最大31枚までの絵をまとめて1枚のポスターにすることが可能です。子どもやママ・パパのお気に入りを集めた作品集を作ってリビングに1枚の作品として飾れば、また違う作品として毎日眺めることもできます。

子どもの作品がオリジナルのアート作品となって届く。学年や年齢ごとに作っても楽しそう

ただの記録にせず、日々の暮らしを彩る記憶にしよう

いかがでしたでしょうか? 大切だけど収納に困る子どもの作品も、ひとつ目線を変えてみるだけで様々な生かし方があります。ご家族らしい生かし方を探して、思い出の品を記録として残すだけでなく、日々の暮らしを彩る記憶として残るような活用をしてみるのもよさそうですね。

人気記事