みんなの住まい

引越し前に知っておくべき、ご近所への挨拶マナー

もうすぐ年度末。新しい勤務地への異動や進学のために引越しを計画している人も多いのではないでしょうか。新天地での生活には、ご近所さんとの良好な関係づくりも大切ですよね。そのきっかけとなるのが「引越しのご挨拶」です。「いつ行くの?」「何を持っていくの?」など引越し挨拶のマナーについてご紹介します。

TOPの画像はファインコート守谷です。

そもそもどうして「引越しの挨拶」は必要なの?

お互いどんな人が住んでいるか、家族構成などをあらかじめ知っておけば、災害時などいざという時に声を掛け合うことができます。また、小さな子供がいるご家庭なら「泣き声などでご迷惑をかけるかも」など事前に知らせておくことでトラブルの防止にも。子供の年齢が近いとか、家族構成が似ていれば地域の有益な情報を教え合うなどして、もしかしたら一生のお友達になることもあるかも知れません。最初の印象が良好であれば、お互いに安心して気持ちよく暮らすことができます(女性の一人暮らしの場合は防犯上控えた方がいい時もありますので、担当の不動産会社や大家さんと相談してみてくださいね)。

「越してきました」では遅い? 事前挨拶が重要なワケ

引越し当日は周辺に車の出入りがあったり、騒音など迷惑がかかることもあります。できれば挨拶は引越しの前日までに済ませておくとよいでしょう。騒音などは事前に知っているだけでずいぶん気持ちも違うもの。引越し当日を過ぎてしまう場合でも、2〜3日以内には済ませておきたいところ。できれば家族全員で伺い、顔を覚えてもらうとその後の挨拶もしやすくなります。

いったいどこまでが「ご近所さん」?

【戸建ての場合】

昔から「向こう三軒両隣」という言葉があり、ご近所付き合いの最低範囲とされています。自分の家の両隣と道を挟んだ向かいの三軒は顔を合わせる機会も多く、災害の際にも助け合いができるように日頃から声を掛け合っておきたいところです。地域のコミュニティが活発な所なら自治会の会長さんなどにも会い、イベント事や決まり事などがあれば先に聞いておきましょう。

【マンションの場合】

マンションの場合は両隣だけでなく、自分の部屋の上下になる家にもご挨拶しておくのがベター。エレベーターや廊下ですれ違う事が多いので、同じ階の部屋数が少なければ挨拶に回ってもいいですね。最近は防犯意識が高く、知らない人が訪ねてきた時はインターホンにでないという方もいます。そういう時は手紙を郵便受けに入れておくとか、ドアノブに手紙と手土産をかけておきます。また、マンションによっては自分の住んでいるフロアしか降りられない所もあるので、その場合は上下階の方には手紙にします。管理人さんや大家さんが常駐している所ならそちらへの挨拶も忘れずに。分譲マンションでは住民による管理組合があるので、役員の方にも挨拶しておけば、マンションのルールについて事前に確認することができますよ。

手土産の定番が「蕎麦」になった理由

挨拶の際は「お近づきのしるしに……」と手土産を持参します。引越しの挨拶といえば、「引越しそば」とよく言いますが、これは江戸時代頃から始まった習慣で、引っ越してきた人が近所の方に配るというもの。「細く長くお付き合いを……」とか「そばに越してきました」といった意味が込められていたと言いますが、現代ではあまり実践している人は少ないかもしれませんね。食べ物は好き嫌いもあるので、近年の引っ越しの挨拶にはタオルや洗剤など日用品を贈る事が一般的です。予算は500円〜1,000円程度で、大家さんや管理人さんには少し差をつけて〜2,000円くらいまで。持参する時は「熨斗(のし)」をつけます。のしの水引は紅白の蝶結びのものを使い、水引の上には「御挨拶」、下には自分の名字を書き、名前も覚えてもらうようにします。


立つ鳥跡を濁さず

新しい引越し先だけでなく、お世話になった旧居のご近所さんへの挨拶も大切です。こちらも新居と同じく引越しの日の前日までに。旧住所に荷物や手紙が届くことがあるかもしれないので、連絡先を伝えておいてもよいですね。

ご近所付き合いのきっかけにもなる「引越しのご挨拶」。しっかりと準備して、新天地でのスタートを切りましょう。

人気記事