みんなの住まい

簡単! 家庭でできるシーン別花粉症対策

寒かった冬が終わり、暖かい春の日差しにホッとしたのもつかの間……花粉の飛び交う季節になりました。くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状を引き起こす花粉症は本当につらいものですよね。

花粉症の症状を予防したり軽減するためには、日常生活での対策がとても重要なポイントとなってきます。今回は花粉に負けず快適に過ごすための、おうちで出来る花粉症対策をご紹介します。

帰宅時に活躍するのは“コロコロ”

外出先から帰った時、髪の毛や衣類には花粉が付着しています。玄関に入る前にまずしっかり払い落とすのが基本です。玄関に入ったら、衣類にコロコロをかけて、繊維の奥に入り込んだ花粉をしっかりと取っていきます。その後、うがい・手洗い・洗顔をして体に付着した花粉を洗い落としましょう。ご家族でお住まいの人は自分だけでなく、ご家族全員にしっかり花粉を落としてもらってください。

毎日の床掃除が花粉対策につながる

どんなに気をつけて生活をしていても、窓や戸のちょっとした隙間から花粉は家に入り込んできます。空気清浄機を使っていれば大丈夫と思われがちな室内での花粉症対策ですが、一般的な空気清浄機は空気中の花粉は吸ってくれても、床に落ちた花粉は吸うことができません。

室内の花粉をしっかりと取り除くためにも、毎日の床掃除を行いましょう。この時、最初に掃除機をかけてしまうと床に残っている花粉が舞い上がってしまうので、先に雑巾やウェットタイプのシートクリーナーで水拭きをしてから掃除機をかけてください。

洗濯後は部屋干しが基本

空気中の花粉量がピークのこの時期。外干しすると、綺麗に洗濯された衣類やリネン類にたくさんの花粉が付着して、室内に入り込んでしまいます。できるだけ部屋干しにして洗濯物を外の空気に触れさせないよう気をつけましょう。

部屋干しをする時に注意したいのは生乾きの嫌な臭い。この臭いは、洗濯で落としきれなかった汚れと湿度の高さで増殖した菌が原因です。しっかりと汚れが落ちるように洗濯をし、干す時も間隔を開けるなど、なるべく風通しがよくなるよう工夫してください。

どうしても外干ししたい! という方は、花粉が比較的に少ない夜や早朝に干しましょう。柔軟剤を使って仕上げれば、花粉が付着する原因と言われている静電気を防ぐことも。

外干しした洗濯物を取り込む時には、しっかりと花粉を振り落としコロコロをかけてください。

食事に気をつけて体内からの改善も目指す

日常生活を送っている限り、花粉を100%防ぐのはとても難しいこと。すぐに体質を変えることはできませんが、毎日の食事で少しずつ花粉症に対抗できる体づくりを始めましょう。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内で働き、腸内環境が改善されることで免疫力が高まり、アレルギーの花粉症状も緩和されるそうです。

シソ

シソに含まれるロズマリン酸は、過剰になっている免疫反応を正常に戻し花粉症の症状を軽減すると言われています。味にくせがあり、一度にたくさんの量を食べるのは難しいシソですが、最近では花粉症への効果が注目され、多くの企業からシソジュースが発売されているので、気軽に必要量を摂取することができます。

魚の必須脂肪酸であるDHA・EPAには、花粉症などのアレルギー症状の炎症を軽減する作用があります。また、動脈硬化の改善や中性脂肪を減らすなど成人病のリスクを減らしてくれる効果があると言われています。中でも青魚はDHA・EPAを多く含んでいるので、体質改善にはピッタリの食品です。

春の花粉シーズンは4月までがピークと言われています。

しっかりと花粉症対策をとって毎日を快適に過ごしましょう!