みんなの住まい

Life is Delicious! vol.10
「気分を変えるおめかしで、いつもの食がご馳走になる。」

山装う。
紅葉で彩られた秋の山を形容する言葉だそうです。
街行く人のコーディネートを眺めていても、思い思いに装うことが楽しい季節だなぁと感じさせられます。
忙しさにかまけて、ルーティンの毎日を過ごしがちになってしまうと、時に思い切って大変身してみたいと思うことってありませんか。


例えば、普段食卓を囲むダイニングテーブルを使わずにお家の中でイベントを企画するのはどうでしょう。
リビングにテントを張って、いつもの風景をガラッと違うものに装って、内と外の過ごし方をミックスしてみる。


数日前までには、郵便で家族に招待状を送りパーティにご招待。
テーマは、ビンテージのおうちサーカス。
キャンプの時って、みんなで準備したり、何かをつくったり、一体感にほっこりしますよね。そんな気分でぜひ。
お箸やフォーク使いは家族の自由に、手づかみでも OK。
家族の時間をどうぞ気兼ねなく。

さあ、ひと手間が味を美味しく変えるレシピとまいりましょう。



長茄子のマリネ

レシピ印刷用PDF

長茄子をグリルで焼き上げてマリネに。気分にあわせて、お好みのチーズと一緒にいただく前菜です。
トロッとした茄子とチーズのコクがたまらない一品。

[材料 4人分]
長茄子 2本
ミモレットチーズ 適量

■A
すし酢 1/3カップ
タイム 5本
ニンニク(スライス) 1片
黒胡椒(粒) 大さじ1
塩 ひとつまみ

オリーブオイル 適量

[作り方]
1. Aの材料をあわせ、トレイに入れる。
2. 長茄子を縦にスライスし、オリーブオイルを両面に塗る。
3. 熱したグリルパンで両面焼く。
4. 茄子が焼けた順に、1のトレイに漬込んでいく。
5. 粗熱が取れたら、器に盛りチーズを添える。

気まぐれピッツァ

レシピ印刷用PDF

今日は腕によりをかけて手作りピッツァ。みんなの大好きなトッピングも揃えてワイワイ楽しみましょう。
生地にはドライハーブを練り込み、端まで美味しいピッツアです。

[材料 4人分]
■ピザ生地
強力粉 140g
薄力粉 60g
ドライイースト 小さじ2
砂糖 小さじ2
塩 小さじ2
オリーブオイル 小さじ2
ドライハーブ 大さじ2
ぬるま湯(40℃) 100-120ml
打ち粉 適量

※ドライハーブはお好みで、タイム、ローズマリーやオレガノなど。

■トッピングA
トマト(スライス) 1個
ピーマン(スライス) 1個
オクラ(縦半分に切る) 2本
赤タマネギ(スライス) 1/4個
マッシュルーム(スライス) 5個
サラミ 8枚
ソーセージ(縦半分に切る) 4本

トマトピューレ 適量
とろけるチーズ 適量

バジル 適量

[作り方]
1. ボウルに強力粉(100g)、ドライイースト、砂糖、ぬるま湯を入れよく混ぜあわせ5分ほど置く。
2. 強力粉(40g)、薄力粉、ドライハーブ、オリーブオイルオイル、塩を加え混ぜあわせる。
3. 打ち粉をしながら、台の上で20分程こねる。
4. ラップをし30分程発酵させ、ガス抜きをして、さらに20分休ませる。

[仕上げ]
1. 生地をのばし、トマトピューレを塗る。
2. トッピングAとチーズをのせ240℃に温めたオーブンで8分焼く。さらにグリルやトースターで焼き目をつける。
3. お好みでバジルをトッピングする。

ビーフカツレツ

レシピ印刷用PDF

タイムとマスタードが効いた牛肉をサクサクの衣でいただくメイン料理。
今日はバルサミコクリームやケッパーベリーなどを使って、ゴージャスな盛り付けにトライしてみてくださいね。

[材料 4人分]
牛肉(ステーキ用)200g

小麦粉 適量
溶き卵 1個
パン粉 1カップ

サラダ油 適量

■A
ディジョンマスタード 大さじ2
タイムの葉 大さじ1
塩 ひとつまみ
胡椒 ひとつまみ

■付け合わせ
マッシュルーム(焼いておく)5個
バルサミコクリーム 適量

レタス 1/2個
ケッパーベリー 4個
チャービル 2本

[作り方]
1. 包丁で牛肉に細かく切れ目を入れAの材料に5分程漬け込む。
2. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、サラダ油で揚げ焼きにする。
3. バルサミコクリームをお皿に塗り、ビーフカツレツをのせる。付け合わせの材料を盛る。

チーズスイートポテト

レシピ印刷用PDF

定番のスイートポテトにチーズをプラス。コク深くクリーミーなデザートです。
コーヒーはもちろん白ワインにもピッタリですよ。

[材料 4人分]
サツマイモ 2本 (600g)

■A
生クリーム 200ml
マスカルポーネチーズ 50g
パルミジャーノレジャーノ(削る) 30g
シナモンシュガー 小さじ2
砂糖 大さじ1
塩 ひとつまみ

卵黄 1個分

[作り方]
1. サツマイモの皮を剥き、柔らかくなるまで茹でる。水を切っておく。
2. Aの材料を1に加え、ブレンダーで撹拌する。耐熱皿に盛り、表面に卵黄を塗る。
3. 240℃に温めたオーブンで10?15分焼く。

料理&テーブルセッティング

松井まり子

アートディレクター&グラフィックデザイナー。
1994 年渡米、大学でグラフィックデザインを学びBFA を取得。
ニューヨークでローカルタブロイド誌の広告制作を経て2002 年に帰国。現在は広告制作会社に勤務しながらデザインセオリーを生かした料理や盛りつけを提案。
著書に「崖っぷちまり子の勝負ごはん。
お料理ブログ「Mariko Matsui in matters of the kitchen



テント制作

スズキタカユキ/Suzuki Takayuki

1975年愛知県生まれ。
東京造形大学在学中に友人と開いた展示会をきっかけに映画、ダンス、ミュージシャンなどの衣裳を手掛けるようになる。
2007年より東京コレクションに参加。
2009年には、Milano Unicaでのイベント「オン・ステージ」に世界の新鋭デザイナー10名の中の一人として選ばれ、合同ショーに参加。
近年では、様々な企業とのコラボレーションや、アートユニット《TENKI》、パフォーマンスプロジェクトの《仕立て屋のサーカス》での活動も行う。
様々なアーティストへの衣装提供に加え、《マームとジプシー》などの舞台衣装、舞台美術のデザイン/制作を手掛けるなど活動の場を広げている。
ホームページ「suzukitakayuki.com

フラワーアレンジメント:小野道代(atelier CADA JIYUGAOKA)

写真: 渡辺琢哉(Nacasa & Partners)



Today’s Pick Residence

パークホームズ八王子(分譲済み)

今回の撮影では、「パークホームズ八王子」のモデルルームを使用しました。たくさんの魅力が集うターミナルシティ「八王子」。2駅4路線利用可能。空へと伸びる開放感や寛ぎの専有部など、家族のかけがえない時間を追求した全221邸の住まいです。