みんなの住まい

組み合わせで節電! 上手な暖房器具の使い方

木枯らしが吹く毎日。寒い屋外から家に帰るとほっとしますよね。外出から戻ったらすぐに暖房器具のスイッチを入れる方も多いのではないでしょうか。でも高くなりがちな電気代やガス代は、なるべくおさえたいですよね。暖房器具にはいくつか種類があるので、それぞれの特徴を活かして上手に組み合わせるのが賢い使い方! 今回は節電しながら効率よく部屋を暖める方法をご紹介します。

TOP画像/パークホームズ雪が谷大塚(分譲済)

暖房器具の種類は3つ

暖房器具は熱の伝導を利用して部屋を暖めています。熱の伝導は、「対流」・「伝導」・「輻射(ふくしゃ)」の3種類あります。それぞれの特性を見てみましょう。

対流式暖房……エアコン、ファンヒーター、電気ストーブなど。暖かい空気を出して部屋に空気の流れを作り、暖めた空気が動くことで部屋全体を暖めます。暖かい空気は上に溜まりやすいので、場所によって暖かさにムラができることもあります。

伝導式暖房……ホットカーペット、電気毛布、湯たんぽなど。熱源となるものに直接触れることによって、熱が高い方から低い方へ伝わります。部屋全体の空気は暖まりません。

輻射(ふくしゃ)式暖房……ハロゲン、オイルヒーター、床暖房など。縁側での日向ぼっこをイメージしてみてください。遠赤外線によって熱が向かう方向にあるものを暖めます。物に触れずに熱が移動するのが特徴です。

人気の暖房器具は?

リビングで使われている暖房は、1位:床暖房、2位:エアコン、3位:ガス温風ヒーターです(※)。エアコンで部屋が暖まっても足元が寒いと暖かさは感じにくいもの。床暖房は部屋を下から暖めるので、足元にじんわりと熱が伝わり、ムラなく室内を暖めることができます。また、空気を汚したりホコリが舞う心配もないので、人気となっているようですね。寝室で使われている暖房は、エアコンが一番多く、次いでオイルヒーターと続きます(※)。

日経産業地域研究所 暖房・加湿器具に関する調査

節電効果が高い暖房器具の組み合わせ

熱の伝わり方を意識しながら暖房器具を組み合わせれば、部屋を効率よく暖めることができ、省エネ・節電にもつながります!目的に合わせてチョイスしてみましょう。

1.今すぐ寒い部屋を暖めたい

画像/パークホームズ本八幡(分譲済)

外出から帰ってリビングをすぐに暖かくしたいときは、「エアコン」+「床暖房」の組み合わせを。エアコンは温度の立ち上がりが早く、部屋の空気を対流させながら暖めていきます。そのあとに床暖房に切りかえれば、下から温かさが立ち上り部屋全体を効率よく部屋を暖めることができますよ。リビングは家族と長い時間を過ごす団らんの場所。ランニングコストをおさえたいですよね。

2.冬の寒いキッチンでも快適にクッキングがしたい

画像/パークホームズ駒沢 ザ レジデンス(分譲済)

冬場の水仕事って大変ですよね。特に足元が冷えるキッチンでは、「エアコン」+「電気ストーブ」を組み合わせてみてください。部分的な暖房で足元を集中して暖めることで、血流がよくなり底冷えが解消されます。

3.凍えるような夜でも暖かく眠りたい

画像/パークホームズ駒沢 ザ レジデンス(分譲済)

耳が痛くなるような寒い日はエアコンをかけて眠りたくなりますが、コスト面や空気の乾燥などが気になるところ。良質な睡眠のために「エアコン」+「湯たんぽ」がおすすめです。エアコンはタイマーをかけて1時間後に切れるように設定します。室温が低くても寝具が保温されていれば暖かく眠ることができますよ。湯たんぽは保温性が高いので、心地よいぽかぽかしたぬくもりが続きます。

4.脱衣所の寒さを何とかしたい

画像/パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン

エアコンの設定温度は室内で服を着ていることを想定しているので、服を脱いだり着替えたりするシーンでは肌寒く感じることがあります。そんなときは、エアコンの温度を上げるのではなく、「電気ストーブ」を使いましょう。近くにいる人をすぐに暖める効果があり、コンパクトな空間に置けるので、脱衣所や玄関などに最適です。

暖房中は換気もお忘れなく!

ガスや石油を使う暖房器具は、密閉された部屋で長時間使うと一酸化炭素中毒を発生させる恐れがあります。1時間に1回程度、1〜2分を目安として窓を開けて換気をしましょう。
エアコンも内部にハウスダストが溜まっていると、スイッチを入れた途端に一気にハウスダストが吹き出す可能性があります。エアコンのスイッチを入れたら、5分間は換気をしてホコリなどを外に出すようにすれば安心ですね。

普段何気なく使っている暖房器具ですが、意識して使い分けることで節電につながり、快適さも格段にアップします。寒い毎日が続きますが、暖房器具を賢く利用することによって、おうち空間を楽しく快適に過ごせますように!

人気記事