みんなの住まい

すみずみまでしっかりキレイ! お家にあるもので手作りお掃除グッズ

ちょっと汚れが気になるときに、さっと使える便利なお掃除グッズ。でも、わざわざ買うのはもったいないという方に、お家にあるもので簡単に手作りできる方法をご紹介します。普段からこまめにキレイにしておけば、大掃除の季節も慌てずに済みそうです!

軍手×アクリル毛糸でお手軽ハンディモップ

準備するもの

・アクリル毛糸
・軍手


1.指先にアクリル毛糸を巻きつけて外したら、中心を糸で縛り、左右の輪をはさみで切って、ボンボンを作ります。


2.軍手の指先に、ボンボンを縫い付けます。指1本に2、3個のボンボンを付けました。


アクリルは非常にこまかい繊維が集まっているので、さっとなでるだけでホコリを取ってくれます。見た目もなんだか愛嬌があるので、お掃除が楽しくなりそうです。


ビニールひものはたきでほこりを吸着!

準備するもの

・ビニールひも
・CDケース(ひもを巻きつけられる箱やペットボトルなどでも)
・割り箸(いらなくなった歯ブラシなど棒状のもの)


1.CDケースにビニールひもを巻きつけていきます。あまりきつく巻くと後ではずれにくくなるので、ゆるめにしましょう。

CDケースから取り外したら、輪の片方をはさみで切り、片方に割り箸をさしてひもできつく縛ります。


2.ビニールひもをくしでといて、こまかくしていきます。
剣山など刃先が細いものを使うとスピードアップできますよ。


3.仕上げにはさみで形をきれいに整えて完成!
こまかくさけば、それだけ汚れの吸着力もアップします。


はたきは掃除グッズの定番ですが、その効果は抜群! 小さな隙間の掃除もラクラクです。静電気がおきやすいパソコンのディスプレイやキーボードなどの掃除におすすめです。


ストッキング×針金ハンガーで隙間もラクラク

準備するもの

・伝線して使わなくなったストッキング
・針金ハンガー


1.針金ハンガーをひし形にして、ストッキングをかぶせるだけ。


狭くてなかなかお掃除できない冷蔵庫や洗濯機の隙間にぴったりです。
目がこまかくて、静電気を帯びやすいストッキングは、ホコリをしっかり吸着してくれます。また、伸縮性があるので、スリッパやフロアモップにかぶせるなどいろいろ活用できますよ。


簡単にできるので、お掃除グッズはぜひお子さんと一緒に作ってみましょう。手作りすると掃除道具に興味をもって、積極的にお掃除を手伝ってくれるかもしれませんね。

人気記事