みんなの住まい

加湿器がなくてもできる! 手軽な乾燥対策5つ

室内の乾燥が気になる季節に大活躍の加湿器。でも、全ての部屋に置くのは難しいですよね。そこで今回は、加湿器を使わなくてもちょっとした工夫で乾燥を抑えられる方法を5つご紹介します。

TOP画像/ファインコート三鷹台(分譲済)

1.室内に観葉植物を置く

植物には水分を葉から蒸発させる働きがあるので、室内に観葉植物を置くのも効果的です。葉の表面積によって蒸発する水分の量も増えるので、部屋に合わせて観葉植物の大きさを変えると良いでしょう。

2.霧吹きで室内に水をまく

霧吹きに水を入れてシュシュっと室内にまきましょう。消臭効果やアロマ効果のあるルームスプレーを利用すると一石二鳥! ただし、水をまきすぎて床が湿ってしまったなんてことにならないように気をつけましょう。

3.お風呂上りはバスルームのドアを開けておく

画像/パークコート渋谷大山町 ザ プラネ(分譲済)

入浴した後はすぐにお湯を抜かず、そのままにしてドアを開けておきましょう。浴室に溜まっていた蒸気がお部屋の方へ出て行き、室内が加湿されます。

4.室内に濡れタオルや洗濯物を干しておく

洗濯物を室内に干すことで乾燥を抑えられます。部屋干しの匂いが気になる場合は、洗濯物の間隔をあけたり、換気をしたりして風通しを良くしましょう。

5.睡眠時に濡れマスクをする

乾燥する時期でも、顔の周りは潤いをキープしたい。そんな人は寝る時に濡れマスクをするのがおすすめです。最近ではマスクの中にポケットがついていて、ウェットフィルターをセットして使う「濡れマスク」も販売されています。

※湿度をあげすぎると結露やカビの原因になる事もあるので、どの方法も適度に行いましょう。家電量販店では500円から1000円程度で湿度計を購入できるので、どのくらいの湿度かチェックするのも良いでしょう。

新築マンションでは乾燥対策におしゃれで機能的な「ECOCARAT」が人気!

ECOCARAT〈グラナス ヴィスト〉施工事例

LIXIL INAXのインテリア壁材「ECOCARAT」は、乾燥しているときは湿気を放出し、室内を快適な湿度に保ってくれます。反対に、ジメジメする梅雨どきなどは湿気を吸収するので、1年を通してとても便利。また、ホルムアルデヒドやトルエンなどの有害物質、生ゴミやペットの匂いを吸着してから室内に放出することで濃度を下げる効果も。デザインも豊富でおしゃれなものが多いので、新築マンションのオプションとして設置する人も増えています。

厚生労働省のホームページを見ると、風邪やインフルエンザの予防のためには、湿度を50〜60%ほどにしておくのが効果的と書かれています(※)。湿度をしっかり管理して健康にも気をつけたいですね。

※厚生労働省「平成27年度インフルエンザQ&A」より

人気記事