みんなの住まい

年賀状にもルールがあった! 正しく書く5つのポイント

そろそろ年賀状の投函が頭をよぎる時期。毎年、何気なく書いている年賀状にも言葉の選び方などの決まりごとがあるのをご存知でしょうか? 1年のはじまりに礼儀正しく挨拶をするために、年賀状の正しい書き方について一度確認をしてみませんか。

1.目上の方には「四文字」で! 賀詞の使い方をマスターしよう

年賀状には、「賀詞」という祝いの決まり文句があります。もともと賀詞は四文字からなり、相手の方へ敬意と丁寧な気持ちを表していました。二文字では丁寧さに欠けてしまうことから、目上の方へは使わないとされています。迷ったときは、どちらにも使える文章の賀詞を使うと安心です。

例えば「謹賀新年」「恭賀新年」「謹賀新春」は目上の方に使う四文字の賀詞です。二文字の賀詞には「迎春」「賀正」「新春」などがありますね。「新年おめでとうございます」「明けましておめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」などはどちらにも使える文章の賀詞です。

2.それって実は同じ意味…… 言葉の重複に注意

年賀状ならではの文言には、同じ意味を表すものがいくつかあります。間違えやすいのが、「迎春」などの賀詞の後に「明けましておめでとうございます」などの文章の賀詞を続けてしまうことです。文章の中で賀詞は一度だけ使います。また、「元旦」は「元日の朝」という意味。「一月元旦」や「正月元旦」は意味の重複となるので、使わないように気を付けましょう。

3.縁起の悪い言葉を避ける

日本には、特定の場面では使用を避ける「忌み言葉」があります。例えば「離れる」「分かれる」「失う」「倒れる」「枯れる」「破れる」……など。新年のめでたいときに、縁起の良くない意味を持つ言葉を使わないようにしましょう。

特に気を付ける言葉は?

「去年」は書いてしまいがちですが、「去」という文字は「別れる、離れる」といった意味を持つため、年賀状では使いません。代わりに、「昨年」や「旧年」などの言葉を使うと良いですね。

4.さて何を書く? 年賀状に入れたい文章とは

年賀状の文章には基本構成があるので、覚えておくとスムーズに文章が作れますよ。

① まず「謹賀新年」などの賀詞を書きます。
続いて
② 旧年中に受けたお世話などへのお礼
③ 今年のお世話や励ましなどを願う言葉
④ 今年の相手の活躍を期待する言葉や自分の抱負
の順に書きます。できるだけ明るい雰囲気の話題を心掛けるのがポイントです。

印刷の文章であれば、余白に手書きで「今年も頑張りましょう」などと一言を添えることで温かみが加わります。

「改まるべき相手には添え書きはしない」「手紙に句読点を入れると相手に失礼」といったルールも聞くことがありますが、相手に気持ちが伝わる読みやすい文章にするのが一番です。

5.配置も重要! 宛名の書き方

年賀状の送り先によって、宛名や肩書なども変わります。取引先などの会社宛に年賀状を送る場合は「会社名」、「役職」、「個人名」と書くのが一般的です。友人、上司の自宅に送るときは「住所」、「個人名」の書き方にします。会社名や役職名まで書かなくとも大丈夫です。宛名は中央にくるように、また、会社名が改行で切れないようにするなど配置に注意しながら書きましょう。

郵便局の年賀状の投函受付は12月15日から。12月25日の最終集荷時刻までに投函すれば元日に宛先に届きます。間に合わないという方、追加で送るという時は1月7日の「松の内」と言われる期間までに送れるといいですね。特に会社の方、上司へは仕事始めの前に届くようにしておいた方が直接会った時にお互い気持ちよく挨拶ができます。1月8日以降は年賀状ではなく“寒中見舞い”になるので注意しましょう。

メールによるやりとりが多くなっている現代だからこそ、手紙の挨拶には特別な魅力が感じられるのではないでしょうか。親しい友人やお世話になった方など、大切な方の顔を思い浮かべながら、年賀状の準備を楽しんでくださいね。

人気記事