みんなの住まい

免疫力を高めて冬を乗り切る! 冬にオススメのアロマライフ

寒い日が続き、空気も乾燥する季節。風邪の原因となるウイルスが活性化します。毎年この時期に体調を崩しやすい、という方も多いのではないでしょうか。でもむやみやたらと薬を飲みたくない……そんな方におすすめなのが、アロマの活用です。リラックス効果、血行促進など風邪の予防にも効果的なアロマをご紹介します。

予防には殺菌・抗菌作用のアロマで芳香浴

手軽にできてポピュラーなのが芳香浴です。

おすすめのアロマと使い方

お部屋で芳香浴を楽しむ道具には、キャンドル式のアロマポットや電球の熱を利用したアロマランプ、超音波の力で拡散するアロマディフューザーがあります。部屋の大きさにもよりますが、精油を2〜4滴垂らして、お部屋の中をほんのり香らせましょう。

アロマの香りを漂わせることで、空気を浄化。中でもユーカリやティーツリーは、スーッとした清涼感のある香りが特徴で、抗ウイルス作用が高いといわれています。香りは鼻から脳の中枢に働きかけるので、リラックス効果があり、免疫力もアップします。香りを楽しみながら風邪予防にもなっているというのがうれしいですね。

アロマバスや温湿布、マッサージで免疫力アップ

一日の中でも疲れをとり、ほっとした時間を持てるバスタイムにもアロマを。

おすすめのアロマと使い方

寒さでストレスを貯めやすいこの時期は明るい気分にさせてくれるオレンジやレモンなどの柑橘系の精油がおすすめです。お風呂に精油を5〜6滴垂らして、湯船にゆっくり浸かりましょう。バスルームがアロマの香りに包まれて、幸せな気持ちに。

温湿布やマッサージにもアロマを活用してみましょう。温湿布のやり方は、まず洗面器にお湯を張り、精油を2〜3滴垂らしよく混ぜます。そこへタオルを浸して固く絞り、温めたい部位に当てます。たとえば足を包み込んで温めるだけでも全身の血の巡りが良くなります。じわじわと温かさと香りを実感できますよ。

マッサージする場合のおすすめはラベンダーやマージョラム。ホホバ油、スウィートアーモンド油などのベースオイルに精油を入れて、マッサージオイルを作ります。手のひらでひと肌に温めて、優しくなじませながらマッサージしましょう。皮膚から有効な成分が体の中に取り込まれ、血行を促進し、心身ともに深いリラックス感を味わうことができます(柑橘系の精油は、光に当てるとシミができやすくなるので、寝る前に使うのが良いでしょう)。丁寧に肌に触れてあげることで心身が癒され、免疫力がアップします。

風邪の引きはじめにもアロマが大活躍

咳や淡、鼻づまり。風邪の引きはじめもツライし、できれば長引かせたくないですよね。アロマの力を借りることで、軽減できますよ。

おすすめのアロマと使い方

鼻づまりの緩和に効果的なのはユーカリ、ティーツリー、ローズマリー。
マスクに精油を1滴垂らしてみましょう。簡単にできるのがいいですね。(刺激が強いものもありますので、ガーゼを当てるなどして直接皮膚につかないように注意してください)

喉のイガイガや淡、咳が出る時はペパーミント、フランキンセンスの精油をコップの水に1〜2滴落とし、うがいをしましょう。咳を抑えてくれて、スッキリしますよ。(くれぐれも誤飲しないようにしてください)

アロマは自然の恵みです。植物のパワーと香りを上手に活用しながら、寒い日を元気に過ごしましょう。自分なりのアロマライフを楽しんでくださいね!

※子宮に影響を与えるアロマオイルもあるので、妊娠中は使用を控えましょう。

※お子さんや肌の弱い方が体につけるときは、一度パッチテストをしましょう。

人気記事