みんなの住まい

何着掛かるかやってみた! ウォークインクローゼットの収納力を大検証

憧れの住まいの設備といえば「ウォークインクローゼット(W.I.C)」。文字通り、歩けるほどの大きさのあるクローゼットで、衣類や荷物を収納することができます。住み替えをする時に余分な家具を持たず、すっきりとした暮らしを叶えたい人にとっては必ずチェックしておきたいポイントですよね。

でも、間取り図やモデルルームをみても「実際にどれくらいの収納力があるのかわからない……」という方も多いのでは? そこで! 先日「みんなの住まい」編集部では検証実験を実施! ウォークインクローゼットには一体どれくらいたくさんの服が掛かるのか、この目で確かめてきました。

挑むはトップス&アウター合計160着超!

今回実験に使用したのは「パークホームズ板橋蓮根一番街・二番街(分譲済み)」のモデルルーム(69A-Sタイプ)。主寝室に配置された1.1畳のウォークインクローゼットに洋服を掛けていくことにしました。
ファッション好きな(というか物が捨てられない)編集部員が、総力を挙げて自宅から自前の服をせっせと持参。コートからジャケット、ブラウスなどトップスとアウターを160着以上集めました。はたしてこの大量の洋服は、たった1.1畳のこのスペースに入るのでしょうか!?

侮っていた……恐るべき1.1畳の収納力

撮影前、我々取材班は空っぽのウォークインクローゼットを目の前に「小さめだから、意外とすぐいっぱいになっちゃいそうだよね」なんてのんきな事を呟いていました。

ところが、その思惑はあっさりと打ち砕かれたのです。あれよあれよと吸い込まれていく洋服達。あっという間に50着、100着と掛かっていきます。右側の側面収納はポールが上下2段になっているので、掛けられる数も2倍。ここにもぎっしり掛けていき……。

「もうこれ以上掛けると、服選びと出し入れが困難になる」と判断し、ストップしたのはなんと157着目でした。持参した洋服も残りほんのわずか。予想を上回る収納力に、編集部はただただ感心するばかり。特大のスーツケース4?5個分がすっかり入ってしまったのです。また、今回はトップスとアウターだけ、ハンガーに掛けた状態で実験しましたが、上の棚部分や短いトッ プスを掛けた時に下に空くスペースなど、まだまだ収納力があることがわかります。

バッグや帽子も! 工夫次第で活用法が拡がるWIC

たとえば、棚にはお気に入りの帽子やバッグを置いたり、下には衣装ケースで下着や小物を収納するのもいいですね。

画像/パークシティ中央湊 ザ タワー(分譲済み)

アウター、トップス、ボトムスなどカテゴリ分けして整頓すれば毎日の出し入れも楽になり、コーディネートもしやすくなります。

画像/BLUE HARBOR TOWER みなとみらい(分譲済み)

旦那さんと奥さんでスペース分けをしたり、仕事用、休日用と分けてみたり。ライフスタイルに合わせて自分なりの使いやすいクローゼットを作ってみてはいかがでしょうか。

画像/パークホームズ杉並和泉 ザ レジデンス(写真左)(分譲済み)、パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー(写真右)(分譲済み)

みんすま編集部では、整理収納アドバイザー・お片付けコンシェルジュの中山真由美先生が収納のコツを紹介する【憧れのウォークインクローゼット。収納のコツを教えます!】も公開しています! こちらもぜひご覧ください。

2010年に67%だった採用率が、2015年には92%と25%もアップしたというウォークインクロゼット。さすがの収納力で、人気の理由も納得です。

※首都圏のパークホームズシリーズで2010年と2015年の竣工物件のうち、2LDK?3LDKの間取り図(2010年144タイプと2015年235タイプ)で比較。

たっぷりしまえるスペースがあれば、室内はお気に入りのインテリアやグリーンを飾ることができて、より自分らしい暮らし方ができるのでは? みなさんも住まいを選ぶ際にはぜひ参考にしてください。

今回撮影でおじゃました「パークホームズ板橋蓮根一番街・二番街」は、「西台」駅から徒歩4分で全418邸、都営三田線最大級のパークホームズです。大規模物件ならではの共用空間の充実、豊富な緑彩空間が魅力です。

※この物件は完売しました。記事内容は2016年1月取材時点のものです。

あなたの住みたい街にあるかも? 三井の住まい 販売中物件はこちら

人気記事