みんなの住まい

サイト閉鎖のお知らせ

「みんなの住まい」にアクセスいただきましてありがとうございます。

開設以来多くの方にご愛顧いただきましたが、令和元年9月30日をもちまして閉鎖させていただくことになりました。
今まで「みんなの住まい」をご覧いただきました皆様には、心よりお礼申し上げます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

インテリア上手の近道は賢い床選びから! 3つのカラーテイスト別のコーディネートをチェック  

どんなテイストのインテリアがお好みですか? 最近話題の“男前インテリア”、それともすっかり定番になった北欧インテリア? シンプルでナチュラルが一番落ち着くという方もいるかもしれませんね。実は、床が決まればインテリアの土台はほぼ完成したようなもの! 今回フローリングのカラーをベースに考えるインテリアコーディネートをご紹介します。

※TOP画像/パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー(分譲済み)

アクセントカラーで自由にカラーセンスを楽しめる、アイボリーの床

パークホームズ板橋蓮根一番街・二番街(分譲済み)

床をアイボリーなどの淡いカラーにすると、なんといっても部屋が明るく広く見えるのが特徴です。清潔感も感じられますね。壁やメインとなる家具も同じトーンに揃えると、アクセントとなる家具や小物のカラーがよく映えるので、自分好みのカラーを主役にできます。写真(上)のようなブルーを使うと、涼し気で知的な印象。これから暑くなる季節にもぴったりですね。

パークホームズ板橋蓮根一番街・二番街(分譲済み)

子供部屋なら、アクセントカラーを2、3色に増やして少しカラフルにしても。同じブルーでもチェックや遊び心のあるデザインを取り入れることで、印象もがらりと変わります。

パークホームズ立川(分譲済み)

こちらはグリーンをアクセントに使用した例。部屋の中なのに、なんだか自然に囲まれているような癒しの空間になっていますね。 わりとものが多く並べられているのですが、うるさくないのはベースカラーが統一されているから。広い面積を占める床と壁のトーンを揃えてアクセントカラーで好みや季節感を演出するのが、おしゃれなインテリアへの近道です。

男前インテリア? それとも高級感の演出? ダークトーンの床で大人の遊び心を発揮しよう

最近じわじわ人気を集めている”男前インテリア”。 インテリアに特化したSNSアプリから生まれたスタイルです。男らしい無骨さがおしゃれでかっこよく、さらにDIYで自分でお部屋を作っていく楽しさがインテリア好きの女性の間で話題のようです。

パークホームズ立川(分譲済み)

男前インテリアの代表格といえば、多くのアーティストが集うNY、ブルックリンのインテリアスタイル。新しいものと古いもの、高価なものと安価なものや手作りのものなど、好きなものを自由に組み合わせる独創的なスタイルが注目されています。レザーと布という異なる素材のソファを並べても違和感がないのは、倉庫の内装を連想させるレンガ風の壁と、ダークトーンの床が男前に全体をうまく調和させてくれているから。観葉植物とも相性バッチリです。

パークホームズ立川(分譲済み)

男前インテリアをコーディネートするときに欠かせないのが色選びです。基本は白、黒、茶の落ち着いたトーンで揃えます。写真(上)は、部屋の一角に作られた”DIY工房”。こんな趣味の部屋があれば、創作意欲もわいてきますね。壁に取り付けられた木材やペンキが剥がれてヴィンテージ感のある椅子、レザーケースなど男前アイテムが揃っているので、好きなものを一見無造作に置いているだけなのに、なんだかまとまりがあっていい雰囲気を出しています。

パークコート渋谷大山町 ザ プラネ(分譲済み)

ダークトーンの床のもうひとつの活かし方といえば、高級感を演出すること。シャンデリアや、大理石、ふかふかの絨毯など存在感のあるアイテムをまとめることで、ラグジュアリーな雰囲気を高めてくれます。

木材の温もりをプラスするのがナチュラルスタイルのポイント

パークホームズ西葛西 清新町(分譲済み)

居心地がよくて、多くの人が親しみやすいのがナチュラルテイストのお部屋。ナチュラルといってもただシンプルにすればいいというものではありませんよね。まずは部屋のイメージを左右する床と壁のカラーはナチュラルトーンにそろえること。さらに木材の家具を取り入れてみましょう。木の温かみを感じるやさしい雰囲気になります。無機質になりがちなキッチンにもウッドテイストを取り入れれば、カーテンのオレンジともマッチして温かい空気感に。

こちらのお部屋も、テレビ台やテーブルなどに木材が使われています。家具はシンプルなフォルムのものを選ぶことも、ナチュラルなスタイルのポイントです。ファブリックにやさしい色や素材を使い、ラグやカーテン、クッションなどで彩りを添えましょう。写真(上)の部屋は、クッションのマスタードイエローとチェック柄がほどよいアクセントになっていますね。

パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワー(分譲済み)

天然素材の雑貨やかご、グリーンも欠かせないアイテムです。おもちゃ箱のように重ねられた木材の棚が、シンプルになりがちなナチュラルスタイルに動きを加えていて、楽しい気分に。

新しい住まいはもっとカスタマイズできる!

好みのインテリアを作るには、まずは床選びがポイントになりそうです。とはいえ、床を改築するのは手間がかかるもの。DIYでチャレンジするのも楽しそうですが、もし新しい住まいをお探しなら事前に好みの床が選べるサービスがおすすめです。三井不動産レジデンシャルのオーナーズスタイリングは「もっと、自分好みの間取り・色・使いやすさにカスタマイズしたい!」という声に応えるオリジナリティあるすまいを実現してくれます。例えばパークホームズ板橋蓮根一番街・二番街なら、ドアやフローリングのカラーテーマを、「オーガニックアイボリー」、「エッセンシャルベージュ」、「オーセンティックブラウン」の中から選べます。

オーナーズスタイリングの一例

その他にも、間取り、キッチン天板や洗面化粧台のカウンターの高さ、バスルームのデザイン、間仕切りセレクトなど、より自分の好みに合わせたプランを選ぶことができます。住む家が決まってからインテリアを考えるのではなく、事前に好みのテイストを考えて選んでおけば、より理想の住まいに近づけそうですね。

この記事を読んだあなたにオススメの物件

人気記事