みんなの住まい

サイト閉鎖のお知らせ

「みんなの住まい」にアクセスいただきましてありがとうございます。

開設以来多くの方にご愛顧いただきましたが、令和元年9月30日をもちまして閉鎖させていただくことになりました。
今まで「みんなの住まい」をご覧いただきました皆様には、心よりお礼申し上げます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

心地よい住環境が魅力! 子育てファミリーにやさしい街「妙蓮寺」

お話を聞いた方:妙蓮寺在住4年 小山 真奈様

妙蓮寺エリアに5歳の娘さんと1歳の息子さんと旦那さんの4人でお住まいの小山さん。ご自身の育児を通して出会った、手を使って赤ちゃんとコミュニケーションをとる「べビーサイン」の講師をされています。横浜市港北区が公認する育児サークル「くれよんKID’S」の代表を務めた経験もお持ちの小山さんに、妙蓮寺の魅力をたっぷりお伺いしてきました。


—妙蓮寺に住むことになったきっかけを教えてください。

主人の務め先が湘南で、以前私が務めていたのが丸の内だったので、お互いに通勤のアクセスがいいところをと、5年前に菊名に住み始めました。出産をきっかけに家の購入を考えたとき、隣駅の妙蓮寺の穏やかな雰囲気が気に入って引っ越してきたのが4年前です。

東急東横線「妙蓮寺」駅前(写真左)。横浜へ6分、渋谷へも24分とアクセス抜群です。線路を渡ると「妙蓮寺」が(写真右)。

—実際に住んでみていかがですか?

街全体がコンパクトでアットホームな雰囲気が気に入っています。第一種低層住居専用地域が広がっているため大規模商業施設などはないのですが、日常生活に必要なものは駅周辺で揃えることができます。昔ながらの商店街や個性的な個人店も多いですね。妙蓮寺駅の周辺は他から人が来ることがあまりないので、街を歩いているのはこの街に住んでいる人ばかりです。5年前に住み始めたときは友達ゼロだったのが、今はちょっと歩くだけでも知り合いにたくさん会えますよ(笑)。

—一番の魅力は地域の人とのコミュニケーションでしょうか?

そうですね。商店街では子供と歩きながら安心して買い物ができます。スーパーもあるのですが、会話のできる商店街を地域のみんなが大事にしている雰囲気を感じますね。子育て世代は新しく引っ越して来られる方の方が多いのですが、みなさん温かく迎え入れてくれるところもいいなと思います。

駅前の商店街(写真左)。小山さんお気に入りのコロッケは「おかずのキタムラ」で(写真右)。

—子育て環境はいかがですか?

学校は充実していますね。特色ある幼稚園や保育園が多く、遠方から通ってくる方も多いです。娘は再来年から横浜市立白幡小学校に通う予定ですが、コの字型に座って授業を受けるスタイルなどさまざまな取り組みが行われているそうです。横浜市のモデル校に指定されており、先生方が情熱をもって取り組んでくださっていると地域の方の評判もいいので今から楽しみにしています。白楽から妙蓮寺、菊名を結ぶ駅前の旧綱島街道は、車が一方通行なので子連れでも歩きやすいですね。駅もフラットでエレベーターに乗る必要がなくベビーカーでも移動しやすいですし、駅前にパチンコ店もなく治安がいいのも安心です。また、子育て支援も充実していると思います。

旧綱島街道(写真左)。仲手原広場公園(写真右)は、電車がすぐ近くで見られる小山さんのお子さんのお気に入りスポットです。

—子育て支援とは具体的にどのようなものでしょうか?

港北区では0歳の第一子とその保護者が集まって情報交換や学習をする「赤ちゃん会」が行われているのですが、妙蓮寺では第二子、第三子の「赤ちゃん会」も開催されているんです。第二子には二子なりの悩みがあるので、同じ悩みを共有できるのはとてもありがたいなと思います。他には、パパ向けの赤ちゃん会や港北区認定の育児サークルも3つあります。そのなかで私が以前代表を務めていた「くれよんKID’S」は、0歳から幼稚園に入る3歳までのお子さんとお母さんが月に2回集まって制作遊びや戸外遊び、じゃがいも堀りなどの活動をしています。その後みんなでご飯を食べながら話すのも楽しみです。

—お子さんとの遊び場やお散歩で利用するのはどういった場所ですか?

「篠原地区センター」には未就学児のお子さんと保護者ならいつでも利用できるプレイルームがあります。保健師さんがいらっしゃる相談日というのがあって、気軽に相談できるのも嬉しいです。公園も多いので遊ぶ場所はたくさんありますよ。

白幡池公園。春には桜がとてもきれいなのだそう。

—お気に入りの公園はありますか?

よく遊びに行っているのは「白幡池公園」です。池で魚釣りをする方がいたり、橋を渡ってコイやカメなどを見ながら散策をしたり、ザリガニ釣りをしたり……自然とたっぷり触れ合える場所です。子供と行くと公園にいる地域の方がいつも話しかけてくださるので、温かい気持ちになりますね。

白幡池公園は、地域のご年配の方とも交流できる場所。小さなお子さんは危なくない場所でザリガニ釣りができます(写真右)。

《小山さんおすすめスポット》

妙蓮寺駅から徒歩3分の場所にある「茶寿」は国産の有機野菜を使った体にやさしいお菓子をいただけます。おからのみで作られた人気の「妙蓮寺ショコラ」(写真左)。

買い物や保育園のお迎えの帰りに立ち寄って、ゆっくりとひと時を過ごすこともあるそう。

—地域の方と交流できるイベントや行事はありますか?

妙蓮寺では毎年ジャズコンサートが開催されています。商店街にある「石堂書店」さんがされている紙芝居も楽しみですし、各自治体のお祭りや篠原園地の観察会など、さまざまなイベントがあります。

—休日はどのように過ごされますか?

妙蓮寺から水道道を行くと大きな岸根公園があります。そこで一日中遊ぶこともありますし、「IKEA」「ららぽーと」「トレッサ」も車なら20分ほどで行けます。日常の買い物は駅前ですが、手土産などを買うときは横浜までもすぐなのでとても便利ですよ。

—ありがとうございました。

「妙蓮寺」は、商店街や公園で自然と地域の人たちと交流ができる街ですが、新しく引っ越してきたママも孤立しないように、イベントやサークル、相談会などさまざまな機会が用意されているようです。小山さんに案内していただきながら、穏やかな街の雰囲気と声をかけてくださる人たちの温かさに居心地の良さを感じました。横浜からすぐ近くという便利な立地ながら落ち着いた環境で過ごせる妙蓮寺は、子育て世代に注目のエリアですね。

今回取材にご協力いただいた小山さんが運営されているベビーサイン・ベビードリームアートの教室「リトル・メイ」はこちらから

人気記事