みんなの住まい

マンションを買うと、生命保険代わりになる? プロが教える! 生命保険の賢い見直し方

マイホームの購入を検討する際、多くの方が将来設計をするのではないでしょうか。住宅ローンの返済や固定資産税など、家計への負担が増えてしまうのではと、お金に関する不安を感じる方も多いのでは? そんな時は、今加入している生命保険を見直してみるのがおすすめ。どのように見直しをすればいいのか、ファイナンシャルプランナーの榎本充さんに伺ってみました。

榎本 充さん プロフィール
アクサ生命保険株式会社 中京中央FA支社
ファイナンシャルプラン アドバイザー
お客様との信頼関係を大切に、“お金に関するかかりつけ医”として、ライフプランに合わせた適切なアドバイスを行う。前職では住宅販売営業を経験。ファイナンシャルプランナーのほか、住宅ローンアドバイザーや宅地建物取引士の資格も所有。


生命保険ってなんだっけ?

━━初めに、生命保険とはどのようなものか教えてください。

生命保険とは、日々の暮らしの中で起こり得る病気やケガ、死亡など万が一の事態によって引き起こされる経済的負担や損失等のリスクに備えるためのもの。被保険者が死亡した場合に死亡保険金を保証する「死亡保険」や、病気やケガで入院した時に入院給付金や手術給付金を受け取ることができる「医療保険」、がんを発病したときにまとまった金額を受け取ることができる「がん保険」などさまざまな種類があり、それぞれに違った特長があります。

生命保険の見直し方って?

━━保険を見直す際のポイントを教えてください。

まずは、ご自身が今どのような保険に加入していて、その保険内容が本当に必要かどうかを知ることから始めましょう。「よくわからないまま、紹介されて加入した」、「就職した時にとりあえず入ってみた」など、内容をしっかり理解しないまま加入し、無駄な保険料を支払っていたというケースも少なくありません。

次に、加入する目的を明確にすること。遺された家族が経済的に困らないように、ケガや病気になった時に入院費用に困らないように、老後の生活資金としてなど、目的は家庭によって様々です。何が本当に必要なのか一度見直すことで、余分に入っている保険があるかもしれませんし、逆に必要とする保険に入っていないことがわかるかもしれません。

最後に、今支払っている保険料が適切かどうかを調べること。適切な保険金額とは、将来にわたって必要となるお金(遺された家族の生活費・教育費・住居費など)から今ある貯蓄ともらえるお金(遺族年金・配偶者の収入など)を差し引いた金額です。算出した金額よりも今加入している生命保険の保障金額が少ない場合は金額を増やす必要がありますし、逆に保障金額が多い場合は、保障金額を減らして保険料の支払いを少なくすることもできます。

知っておきたい「団体信用生命保険」

住宅購入を検討される方が最も不安に感じるのは、契約者であるご主人が亡くなってしまった時の遺された家族への負担ではないでしょうか。だからといって、むやみに生命保険の保障料を増やしたり、加入数を増やす必要はありません。保険には、前述した保険の他に、「団体信用生命保険」というものがあります。

「団体信用生命保険」とは、住宅ローンを組んだ方が死亡または所定の高度障害状態になった時、本人に代わって生命保険会社が、その時点の住宅ローン借入残高に相当する保険金を支払ってくれるというもの。もし「団体信用生命保険」に加入していない場合は、万が一のことが起こった時に遺された家族が住宅ローンを返済し続けなければならないため、とても重要な保険です。住宅ローンを組む際、ほとんどの金融機関でこの「団体信用生命保険」への加入が義務付けられています。

━━「団体信用生命保険」は保険料が低い!?

住宅ローンの返済期間・借入額・借入期間などから保険料が算出されるため、一概には言えませんが、「団体信用生命保険」は保険料が比較的低いことで知られています。また「団体信用生命保険」の保険料は、住宅ローンの金利に含まれているため、別途保険料を支払う必要はありません。ローンを返済すれば自動的に保険料が支払われていくので、私たちに保険料を払っている感覚がほとんどないのです。

しかし、一部の金融機関やフラット35は「団体信用生命保険」の加入が任意になるため、加入を希望する方は別途保険料を支払う必要があります。また健康状態に問題がある場合は「団体信用生命保険」には加入できないので、注意が必要です。

「団体信用生命保険」を利用すれば、家計の節約に

前述したように、生命保険の必要保障額は、遺された家族の生活費・教育費・住居費などを考慮して決められます。このうち、住居費に関しては万が一のことがあった場合、「団体信用生命保険」によって残りの住宅ローンが代位弁済されるため、それ以降の負担がなくなるということ。つまり、この分は今加入している生命保険の保障額から減らしてもいいということになるのです。

保険料が削減できると、生活にゆとりをもたせることや貯蓄をすることはもちろん、住宅ローンの月々の返済額を増やしたり、貯蓄した分を繰り上げ返済にまわせたりと大きなメリットがあります。また、子どもの教育費や車の購入、家族での旅行など、その他の資金として活用することもできますよね。加入している保険や、ライフスタイルによって削減できる金額は異なるため、具体的な金額の計算については、ファイナンシャルプランナーに相談すると良いかもしれません。

保険を見直して、不安なくマンション購入を検討しよう!

住宅を購入するということは、生活環境が変わり、その後の家計の支出内容が変化する時。生命保険に一度加入したからと安心するのではなく、住宅購入などの大きなライフイベントがある時は加入内容をきちんと確認することが大切です。皆さんも、マイホームを検討する際は、一度生命保険を見直してみてはいかがでしょうか。

人気記事