みんなの住まい

子育てするなら品川区?! ママも子どもも安心快適の品川エリアの暮らしとは

品川エリアといえば、交通アクセスが優れ、高層のオフィスビルが立ち並ぶイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。でも実は、大小さまざまな公園も多く、子どもを連れて遊びに行けるスポットも充実した子育てにピッタリの街なんです。そんな品川エリアでの実際の生活を探るべく、地元に住むママにお話を伺いました。

お話を伺った人:石原真由子さん 品川区在住歴約13年

ご主人と10歳になる双子のお子さんの4人で、大井町駅から徒歩8分ほどのところにお住まいの石原さん。現在、品川区を拠点として、ベビーマッサージ教室「conacona」を主宰されています。


—品川エリアにお住まいになったきっかけは?

結婚のタイミングでマンションを購入することになり、こちらに引っ越してきました。
主人は麻布十番や白金高輪などに憧れを持っていたのですが、私は背伸びせず、休日もラフな服装で出歩きたいという希望があったので、別の場所がいいと主人にお願いしました。もともと主人が大森で一人暮らしをしていたという事と、職場がある新宿まで通勤しやすい場所という事で、こちらのエリアで物件を探しました。

実際に訪れてみると、様々な路線を利用できてアクセスも良いですし、親しみのある商店街なども気に入って、引っ越しを決めました。

—住んでみてどんな魅力がありましたか?

まず、普段のお買い物がしやすいところが好きです。ヤマダ電機、阪急大井町ガーデン、アトレ、西友など大型商業施設が充実していて、ほとんどの物が駅前で揃います。子どもがまだ小さい頃、ベビーカーだとエスカレーターやエレベーターを使って色々なフロアに行くのが面倒でしたが、ワンフロアで食品から日用雑貨まで全て揃ってしまう西友がとても便利で、今でもよく利用しますね。

あとは、なんと言ってもどんな場所へも出かけやすいという点も気に入っています。子どもが小さい頃はベビーカーもありますし、あまり混んでいない電車に乗りたいというのがママ達の本音だと思います。りんかい線や大井町線に乗るときはベビーカーで出かけても混雑もひどくなく快適でした。車内でもベビーカーで子どもを連れたママをたくさん見かけますよ。

—子育て環境はいかがですか?

引っ越す前に不動産屋さんから、品川区は教育に熱心な自治体だという話を聞いていました。実際、中学受験をされるご家庭も多いようです。我が家の近くには「大井第一小学校」という140年の歴史がある小学校や、「伊藤学園」という小中一貫校があり、どちらも教育熱心で地元の人からの評価が高い学校です。うちの子も大井第一小学校に通っているのですが、担任の先生だけでなく校長先生、副校長先生も含めて子ども達を見てくれるような体制の整った学校です。そうした教育熱心な学校が近隣にあるところも魅力だと思いました。

大井第一小学校

また、大井第一小学校に子どもを通わせるママたちが地域の安全活動として「校外パトロール」をするのですが、長い間継続して続けてきたことが称えられ、警視総監賞をいただいたんです。この賞は一般的になかなかいただけない賞らしく、地元の大井警察署や地域の方々からも一目置かれている学校です。

特徴的なのが、品川区の公立小学校では防犯のため、「まもるっち」という防犯ブザーが子ども達に配られることですね。有事の際に防犯ブザーを鳴らせば、品川区役所の「まもるっちセンター」につながる仕組みになっています。また、放課後に自転車に乗って出かける際にはヘルメットの着用が義務付けられていたり、交通安全に対する勉強会が小学校で開かれたりと、安全への取り組みもしっかりしていることが魅力の一つです。

—安心して暮らせる環境が整っているのですね!

他にも、町内会の繋がりもあり、お祭りや地域のイベントなどで顔見知りができる事も多いですよ。そうした繋がりのおかげで、「この前、○○で息子さんがお友達とケンカしているところを見たよ」なんていう報告をしてくれることもあります。子どもを24時間ずっと見守ることはできませんが、近所の人からそうしたお話をいただくと、見守ってくださっているんだなということを実感できます。名前は知らないまでも、すれ違う時に挨拶したりと、そういうところもアットホームで住みやすい街だなと思います。

—子どもを連れて遊びに行けるスポットはありますか?

品川区立大井図書館の横には、遊具のある公園も。

この辺りは図書館もありますし、都会にありながら、緑に触れたり木登りしたり、身体を動かして遊べる公園などがたくさんあります。家の近くの貝塚公園や鹿島庚塚児童遊園では秘密基地を作ったり、かくれんぼをしたりして遊んだり、春は桜が綺麗に咲くので、子どもと一緒にお花見も楽しめます。品川区役所前の公園は夏場にじゃぶじゃぶ池ができて、水着姿の子ども達で賑わっていますね。

平日にお友達と集まって遊ぶときは電車に乗って豊洲のららぽーとに行きます。
子どもが小さい頃は敷地内の公園で子どもを思い切り遊ばせて、遊び疲れてベビーカーで眠ったあとは、ママ達とランチビュッフェやお買い物をするのが楽しかったですね。ママも子どもも満足できる場所です。また、大井町線を利用すれば、乗り換えなしで自由が丘や二子玉川まで出られるのでショッピングしに出かけることもありますよ。

—休日のお出かけはどちらまで?

休日は車で川崎のコストコに行って食料品をまとめ買いしたり、葛西臨海公園に行って水族園でお魚を見て楽しんだりしました。バスでなら目黒方面にも快適に行けるので、林試の森公園という大きな遊具のある公園に行ったりもします。

また、お台場にもよく行きますね。実家に住んでいたときはお台場まで二時間近くかかっていましたし、そうなると「帰りの電車が混むからいやだな……」なんて思っていましたが今はそうした心配もなく気軽に出かけられます。平日も休日も本当にいろいろな場所へ出かけられて、遊ぶ場所に困ったことはありません。

≪石原さんおすすめのスポット≫

地元の人からはもちろん、テレビの取材などでも取り上げられる街の人気店「割烹 とんかつ ひろせ」。

二階には広々とした座敷席や個室もあり、子ども連れでのママ会などにも利用できるそう。

—どんな方に向いている街だと思いますか?

新宿や渋谷をはじめ、いろいろな場所へのアクセスも良く、駅前の利便性も高いので我が家のように共働き夫婦にもおすすめです。子育て環境も整っているのでもちろんファミリーにもピッタリだと思います。また、子育てが落ち着いた世代の方も周辺には多く住んでいらっしゃるので、どんな世代にも住みやすい街だと思いますよ。

ありがとうございました。

「理想の詰まった大好きな街です」と話してくださった石原さん。普段から心地良く住まわれている様子が、その笑顔から伝わってきました。「平日も休日もアクティブに暮らしを楽しみたい」という方や「快適に子育てライフを送りたい」という方は、ぜひ一度、品川エリアでの暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

石原さんが主宰するベビーマッサージ教室「conacona