みんなの住まい

パパ・ママ必見! 子どもと一緒に楽しめる「柏の葉キャンパス」お出かけスポット3選

”スマートシティ”として名高い、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅。ITや環境技術などを駆使した環境配慮型の街として有名なだけでなく、今年3月には「柏の葉 T-SITE」がオープンし再び注目を集めています。街の複合計画により進化を遂げる柏の葉キャンパス駅エリアは、近未来的なだけでなく、子育て世帯に魅力的なスポットがいっぱいな街なのをご存知ですか? 今回は、そんな柏の葉キャンパス駅エリアの家族で過ごすのにピッタリなスポットをご紹介します。

早くも柏の葉の中心的存在に? 『柏の葉 T-SITE』

今年3月にオープンしたばかりの注目のスポット「柏の葉 T-SITE」は、複数のショップから構成される商業施設。ここ一帯が一つの街であるかのように統一されたデザインの建物で、オシャレ度は抜群。

1階は「毎日の食と暮らし」をテーマに蔦屋書店、スターバックスコーヒー、フルーツタルトを販売するCafe comme ca(カフェコムサ)、ベーカリーなどが揃っています。

T-SITEスタッフの方にお話を伺いました。「客層は親子3世代でお楽しみいただいているようで、特に30~40代のママに多くお越しいただいています。日本一を誇る1万2千タイトルの児童書を揃え、店内のドリンクを購入していただくだけで、お席で好きな本が試し読みできるBook&cafe形式です」

購入したドリンクは店内全ての席で楽しむことができるそう。適度に休憩をはさみながら、子どもと一緒にのんびり本選びができますね。

2階では「親と子のコミュニケーション」がテーマ。世界の優れたあそび道具を販売する「ボーネルンド」のおもちゃや、子ども服・ベビー用品を取り扱う「familiar」の洋服など、有名ブランドの商品も販売。実際におもちゃに触れられるスペースもあり、キラキラした瞳で釘付けになっている子どもたちも。

また、2階にある蔦屋書店の本のラインナップは、端から端まで児童書のみ。児童書数、日本一というだけあって、最新の売れ筋シリーズからママ世代も懐かしくなってしまうような不朽の名作まで、世代を越えて読み継がれる作品がずらりと並びます。本は低い位置で陳列されているものもあり、子どもが興味を持った本を自ら手に取れるようになっています。

さらにフロアは、絵本や児童書を通じて 親子のコミュニケーションがより豊かなものになるような工夫がいっぱい。

子どもも座りやすい椅子やローテーブルが随所に用意されており、子どもが興味を持った本にその場で没入できる仕組みになっています。家の形のソファでは、親子で密着しながら本を読み合うことができますよ。

カーテン付きでまるで秘密基地のような椅子も。普段、読書にあまり興味がない……そんな子どもたちも、柏の葉T-SITEなら自然と本に手を伸ばしてくれるかもしれませんね。

また、2階の「T-KIDSシェアスクール 」では、子どものための独自の体験スクールを毎日、開催しています。熱心に作業に取り組む子どもたち。子どもの好奇心をくすぐるようなアイテムも充実しているのが魅力です。

「T-KIDSシェアスクール 」では子どもたちが自由な発想を活かし、各々が本気でワクワクすることを追求する“新しい学びの時間”を体験することができます。講師には幅広い分野で活躍する人材を揃え、“学校”以外で出会える先生や友人と、学校では叶わないような自由で創造的な時間を過ごせます。基本的に毎回テーマを決めず、子どもたちの創造性に任せた時間を提供。思い思いに、ロボコン用のロボットを作ったり、絵を書いたりと講師のもとで時間を過ごします。これからの子どもたちに必要な積極性や独自性を鍛えるスクールは要注目!

店内には飲食店以外にも、美容院やインテリアショップ、アウトドアショップなど買い物が楽しめる場所も多数。アクセサリー作りや陶芸体験などのものづくりイベントも定期的に開催され、大人も満喫できる空間づくりがされています。

柏の葉T-SITEは親水空間アクアテラスに隣接しており、購入した飲み物や本をアクアテラスのほとりで楽しむこともできます。ショッピングに疲れたら、シートを広げて家族でのんびりくつろぐのも良いですね。

外では、マルシェや蚤の市など頻繁にイベントを開催しているのだとか。子どもはもちろん、パパ・ママ自身も楽しめるスポットです。

鑑賞後はお買い物も満喫! 『MOVIX 柏の葉』

柏の葉キャンパス駅西口を出て、すぐ目の前という好立地にあるのが「MOVIX 柏の葉」です。複合商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉」内にあるので、映画と一緒にお買い物も楽しめます。MOVIX 柏の葉のスタッフ、井生さんにお話を伺いました。

「MOVIX 柏の葉では、通常の上映だけでなく、ママのための映画上映“ほっとママシネマ”を、定期的に開催しております。日々子育てを頑張っているママのために小さなお子様と一緒に気兼ねなく映画を楽しめる上映回です。」(井生さん、以下同)

「三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉では、ファッションからインテリア、グルメまで約180店舗がそろい、キッズ向けのコンテンツも充実しております。映画鑑賞の後は、ご家族でショッピングを楽しんでいただくことができますよ」(同)

ファッションからインテリアまで様々なショップを取り揃える、三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉。お買い物、お食事、さらに映画鑑賞と、家族みんなで過ごす休日にぴったりのスポットです。

ファミリーたちの憩いの場 広大な敷地が魅力の『千葉県立柏の葉公園』

映画やお買い物だけじゃなく、身体を動かして思い切り遊べるスポットもあります。県立柏の葉公園は、45ヘクタールという解放感のある敷地に芝生広場、バラ園、ボート場、レストハウスなどが揃った、ファミリーで楽しめる公園です。公園センターには授乳室もあり、小さな子ども連れでも安心して訪れることができます。

園内にはカラフルな遊具が設置してあり、常に多くのファミリーで賑わいます。広大な公園でありながら、遊具は一箇所に固まっているので、パパ・ママの目の届く範囲で子どもが遊べるのはうれしいですよね。

公園の中央に位置する大きなボート池では、スワンに乗ってボート遊びを楽しめます(3~11月土・日・祝日)。料金は30分320円とお手頃。ボート遊びの後は池の畔のレストハウスで軽食やBBQ(予約制)も楽しめます。ドッグラン(登録制)もあり、ワンちゃんを連れて遊びに来るのにもぴったりのスポットです。

もともと「柏の葉」の地名は、先行して整備された「柏の葉公園」に由来し、柏の木が厳しい冬を越えて新芽が出るまでの間、前の葉が落ちずにい続けることに因んだものなんだそう。その名の通り、一年を通じて美しい景観を臨める柏の葉は、自然と文化が融合し、家族の時間を重ねていくのにまさに理想的な場所。子どもの好奇心をくすぐる施設が揃った「柏の葉キャンパス」。ぜひ一度出かけてみてはいかがでしょうか。