みんなの住まい

「西武池袋線で住みたい街は?」ランキング第2位! 注目を集める街、石神井公園駅の魅力とは?

2015年に発表されたアンケート、「西武池袋線の路線のうち、若い世代の人が住みたい街はどこ?」(※)で池袋駅に次いで2位にランクインしたのが、石神井公園駅です。その理由は、生活の利便性と豊かな環境にある模様! 今回は、若い世代に注目されている石神井公園エリアの魅力を探ります。

(※)マイナビ賃貸「西武池袋線のうち、若い世代の人が住みたい街はどこ?」より

急行停車駅! 都心へも郊外へもアクセス抜群

石神井公園駅は、西武池袋線・東京メトロ有楽町線・副都心線の3路線が利用可能です。東京メトロ有楽町線・副都心線で池袋駅へは約9分、新宿三丁目駅へは約20分、渋谷駅へは約30分で乗り換えなしでアクセス可能。東京駅や大手町駅へは、池袋駅で丸ノ内線に乗り換えて30分程度でアクセスでき、毎日の通勤・通学に便利な立地です。また、レジャースポットへのアクセスも良好。例えば、河川敷で川遊びやバーベキューなどが楽しめる西武池袋線の飯能駅。さらに副都心線は東急電鉄東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線直通のため横浜方面へのアクセスもラクラク。元町・中華街駅まで行動範囲が広がり、休日のレジャーの選択肢が増えますね。

便利なカーアクセス。人気の吉祥寺もバスで一本

ファインコート石神井公園グレイススクエアHPより

電車だけでなく、バスや車でのアクセスが良いのも魅力の一つ。吉祥寺駅まで、西武バスで一本で行くことができます。「住みたい街」として人気の吉祥寺も、身近な生活エリアとなります。

関越自動車道、東京外環自動車道の「大泉I.C」を利用すれば、都心や空港などへアクセスする際も大変便利です。ショッピングやレジャー施設が充実したお台場までは約43分、羽田空港へは約48分、観光地・別荘地として名高い軽井沢高原エリアまでは約1時間21分で到着。季節や家族の希望に合わせて、気軽にお出かけエリアが選べるのも魅力ですね。

駅前ショッピングモールの充実。再開発によって新しくなる街並み

武蔵野の自然が色濃く残る石神井公園の玄関口として、多くの来訪者を迎える石神井公園駅では再開発が行われており、新しい街づくりが進行中です。その中核となるのが、駅ナカ商業施設の「エミオ石神井公園」。スーパー、レストラン、フラワーショップ、雑貨店などが出店し、毎日の生活に必要なものすべてが駅前で揃うようになりました。他にも、「リヴィンオズ大泉店」や「リズモ大泉学園」など、様々な商業施設が充実。学習塾や書店などを備えた施設を利用することによって、さらに日々の生活が充実しますね。

複数のスーパーが点在。気分や用途によって使い分けが可能

ライフ石神井公園店(ファインコート石神井公園グレイススクエアHPより)

商業施設の他にも、駅から徒歩約5分の範囲内に「ライフ石神井公園店」、「西友石神井公園店」、「イトーヨーカドー石神井公園店」、「サミットストア石神井公園店」、「クイーンズ伊勢丹石神井公園店」などのスーパーマーケットが集結しています。西友は24時間営業、サミットストアとイトーヨーカドーは23時までの営業と、帰宅が遅くなる方や何かと忙しい共働き世帯にとってうれしい施設です。クイーンズ伊勢丹では、有機野菜など安心安全でおいしい食材を宅配するネットスーパーの「Oisix」と提携しているので、食材にこだわって購入したい方に最適。ライフでは、購入した品物を当日宅配してくれるサービスも。来客の予定や、その日の気分に合わせてスーパーの使い分けができますね。さらに、ドラッグストアも近隣に2店舗あるので、毎日のお買い物に便利な立地と言えそうです。

充実の教育環境。豊かな自然が情緒を育む

清心幼稚園

交通や生活利便性の他に、ファミリーにとっては保育園の空き状況、進学先や教育の環境なども気になるのではないでしょうか。石神井公園駅には徒歩15分圏内に10を超える保育施設があります。

閑静な住宅街の中にある「清心幼稚園」は、平成30年に創立80周年を迎える伝統ある幼稚園です。「より強く、より明るく、より仲良く」を教育方針に掲げ、大きな木に囲まれた園内ではいきいきと遊ぶ子どもたちの姿が見られます。

清心幼稚園内には、木の温もりを感じられるツリーハウスも。

清心幼稚園では地域と連携したプログラムを数多く開催しています。石神井公園で定期的に行われる野外保育は、自然の多様性を教材として五感を働かせながら、遊びを通して自ら考える力を育てる場となっています。

今年からは地域の助産師さんから「命の話」を聞く授業が始まったのだとか。” 自分はどのように生まれたのか?” という素朴な疑問から生まれたこの授業。「大切な命の誕生の話は幼児の時から伝えていく必要があります」と園長の清水先生。この命のお話は今後も恒例で続けていくことを検討中とのこと。

自然と触れ合いながら遊びや体験を通して社会性を身に付けていく子ども達。小学校に入学するまでの大切な時期に、貴重な経験ができそうですね。

歴史ある小・中学校の存在。恵まれた環境で学ぶ喜び

区立石神井中学校(ファインコート石神井公園グレイススクエアHPより)

自然豊かな石神井公園駅の近くには、歴史ある小・中学校があります。平成26年に開校140周年を迎えた「練馬区立石神井小学校」と創立70年を誇る「練馬区立石神井中学校」は、石神井公園を挟むように建っています。緑に恵まれた土地にあり、豊かな自然の中にある教育環境でのびのびと過ごすことができます。

緑豊かで自然の恵みを享受できる街である一方で、駅周辺の再開発が進み、進化が進む石神井公園駅。今後もますます発展への期待が高まる街となりそうです。