みんなの住まい

世界一のプラネタリウムや思いっきり走れる公園も! 田無エリアで子連れにおすすめのスポット

新宿まで30分と利便性に優れていながらも、豊かな自然も多い田無エリアは子育てファミリーが暮らすにはぴったりの場所。そんな田無エリアには、子どもの「遊び」と「学び」を両立でき、大人も楽しめるスポットが充実しています。今回は3つのおすすめスポットをご紹介していきます。

世界最多の星が見られるプラネタリウムは大迫力!
大人向けイベントも行う「多摩六都科学館」

田無駅からバスで13分の「多摩六都科学館」の見どころは、なんといっても世界最多の星を投影するプラネタリウムです。その数、なんと1億4,000万個。大型のドームスクリーンに輝く星の瞬きは、自分がどこにいるのかを忘れてしまうほどの美しさです。その日の夜空を投影しながら季節ごとに変わる星座を紹介してくれるので、プラネタリウムを出た後は夜に星を見るのが楽しみになりそうですね。約2か月ごとにテーマを変えて旬な天文の話をしてくれるので、何度行っても新しい学びが得られます。

このプラネタリウムでは専門のスタッフによる生解説が特長で、子どもが多ければにぎやかに、大人が多ければロマンチックに、お客さんの反応によってアレンジを加えてくれます。スタッフによって語り口やBGMも違うため、常連のお客さんの中にはその個性の違いを楽しむ方もいるそうです。

プラネタリウムに加えて、5つの体験型展示室も見応え満載。3階建ての館内は、さまざまなテーマの部屋に分かれています。例えば「しくみの部屋」は、機械が動くメカニズムなど、暮らしにひそむ「しくみ」が学べ好奇心が刺激されそうです。「自然の部屋」では、武蔵野の生きものや自然環境が紹介されており、身近にありながらも今まで知らなかった新しい発見があるかもしれません。

各展示室には「ラボ」とよばれる体験スペースがあり、見るだけでなく、観察や実験などのイベントが多いのも特長です。顕微鏡を覗いたり、ロケットを作ったりと、面白い企画がたくさん用意されています。

スタッフの方によると、「展示室内にあるフランス生まれの木製ブロック『カプラ』の広場では、付き添いのつもりが幼児に混ざって夢中になってしまう大人の方もいて、乗り物やお城など大作を作られています。また『はんだごて』など工具を使うイベントでは、お父さんの目も本気です」とのこと。

イベントによっては事前申し込みが必要ですが、直接会場で受付できるものもあるので気軽に参加できるのもうれしいポイントです。

さらに、「大人のための地球科学入門」など大人向けのイベントも行っており、定期的にチェックしてみると楽しそうです。

大きな窓から光が差し込む明るい休憩室は、ゆったりと154席もあります。地域に住むファミリー層の利用も多いとのことで、お弁当の持ち込みが可能となっています。畳スペースや授乳室もあり、小さな子ども連れでも安心です。また、3月にリニューアルしたばかりのカフェでは西東京市でとれた野菜など、地元食材をふんだんに使った食事が味わえるそうですよ。

離乳食やおむつの用意も!
気軽に立ち寄れるくつろぎの空間「Tsumugi Cafe」

田無駅より徒歩3分ほどの便利な場所には、子どもと一緒に立ち寄れるキッズカフェ「Tsumugi Cafe」があります。靴を脱いであがるので、まるで自宅にいるかのようなくつろぎやすい空間となっています。すべての机がローテーブルなので子どもとの距離感も近く、目が行き届きやすいのもうれしいポイント。

料金システムは入場料(ドリンクバー付き)として、18歳以上の方は最初の2時間は300円(以降30分につき100円)。18歳未満の方は無料。一名につき一品以上のフードメニューの注文が必要になります。キッズカフェというと料金システムが複雑だったり、少し高い印象があるかもしれませんが、この価格ならお手頃で利用しやすそうですね。

こちらのオーナーは田無出身で、地元の子育て世代の家族に気軽に利用してほしいと思いでお店をはじめたとのこと。そのため、お客さんに寄り添うお店でありたいと考えているそうです。

ママが駅前で買い物をしている間にお子さんとパパの二人で来店される方や、散歩の途中で休憩しに立ち寄る方など、さまざまなお客さんに利用されているようです。予約も可能なので、ママ会などにもぴったりですね。

大人向けメニューはパスタやロコモコプレートの他、数種類のアルコールドリンクにおつまみなども充実。キッズメニューはホットケーキやハンバーグの他、キッズパフェなどのスイーツなどもあります。また、手ぶらでも気軽に立ち寄れるお店を目指しているとのことで、離乳食やおむつの販売もあり忘れ物があっても安心です。

カウンター席の目の前にあるキッズスペースには、未就学児童が楽しめるボールプールや滑り台などのオモチャが揃っています。壁には落書きし放題の大きな黒板があるなど、家ではなかなかできない遊びも楽しめます。オーナーさんにも小さなお子さんがいるそうで、新しいおもちゃの導入を検討する際に連れてきて反応をチェックしたりするのだとか。

カウンター越しに子どもの様子を見ながら、のんびりお茶することができそうですね。

また、不定期ですがイベントも開催しています。例えば、元歌手だったお客さんがキーボードを持ち込んでの歌のイベントや、ベビーマッサージなどを開催したこともあるそうです。「お客さまのご要望に、フレキシブルに対応していきたいと思っています。こんなイベントを開催したいなどご意見があれば、是非教えてくださいね」と、店長さん。フレンドリーな対応がほっとします。

自然だけじゃない!
パークヨガなどイベントたくさんの「西東京いこいの森公園」

元気に思いっきり野外で楽しみたいときは、田無駅からバスで10分ほどの場所にある西東京市内最大規模の私立公園「西東京いこいの森公園」がおすすめです。公園内には、自然観察池や原っぱ広場、雑木林、噴水など自然と触れ合える場所がたくさんあります。ボール広場やスケート場などは別の場所でできるので、小さな子どもも安心して遊び回ることができます。この日も、たくさんの子どもたちが走り回っていましたよ。

園内には2種類のバーベキューコーナーもあり、休日に家族や友人たちと集まるのにぴったりの場所ですね。

また、パークヨガ、走り方教室、ドッグフェスタ、ファーマーズマーケットなど多彩なイベントが開催されているので定期的にチェックしてみると良さそうです。

公園の利用方法で困ったことがあればパークセンターへ。休憩所として利用できるロビーのほか、セミナールームや、授乳スペース、オムツ交換室も完備しています。公園内には土日・祝日に関わらず、スタッフが常駐しているので何かあったときも安心ですね。

子どもだけでなく、大人も一緒に楽しめるスポットが充実した「田無エリア」なら、休みの日もアクティブな暮らしを満喫できそうですね。

パークホームズ田無 ザ ガーデン 詳細はこちら