みんなの住まい

マネしたい! 人気インスタグラマー@nika.homeさんに学ぶシンプルインテリア

Instagramのフォロワー数が13万人超えの「@nika.home」さん。投稿写真から伝わるすっきりとシンプルで統一感のある素敵なお部屋に、憧れる方も多いのではないでしょうか? 今回は@nika.homeさんにシンプルインテリアのコツを教えていただきました。

お話を伺った人:nikaさん

ご主人と4歳になるお子さんの3人で暮らす働くママ。戸建て購入を機に暮らしを見つめ直し、「Instagram」にインテリアや収納、お掃除アイデアなど投稿をはじめたそう。本当に必要なものを適量持つことを意識しながらシンプルな暮らしをされています。



ポイントを押さえて、無理なくおしゃれなお部屋づくり

【ポイント1】“カラーを統一”がセンス要らずのテクニック!

「インスタ映えする部屋づくりで大切なことは、“統一感があること”だと思っています。色々なカラーを組み合わせたおしゃれな部屋も憧れますが、センスと技術が必要だし私には難しくてなかなかできないです。でも、同じような色合いで合わせれば無理なく統一感が出ておしゃれに見えるので、センスは不要です。

インテリアアイテムを同じような色合いで揃えることで、お部屋に統一感が生まれる

お部屋が広く見えるということもあり、白・ベージュを基本カラーにし、木製アイテムはナチュラルカラーやライトグレーなど柔らかさと温かみがある色を選ぶようにしています。昔からそういった色合いが好きな事もありますが、ベーシックなカラーは”失敗した!” とか、”飽きたから変えたい!” ということも少ないように思います。せっかく選んだものなら、できるだけ長く大切に付き合いたいです。他にも、カーテンやカーペットなどを明るい色合いにするように意識しています。インテリアの中で大きな面積を占めるファブリックアイテムのカラーを揃えると、よりお部屋全体の統一感が出ますよ」(nikaさん、以下同)

雑誌やテレビで見たおしゃれなお部屋を目指して、あれこれ揃えてるものの上手くまとまらず、散らかった印象のお部屋……という経験はありませんか? nikaさんが言うように、まずは簡単にできる“カラーの統一”から始めてみるのが”インスタ映え”するお部屋の第一歩かもしれません。

【ポイント2】季節を感じるアイテムを取り入れる

自分らしさを感じるインテリアのコツは、特別になにかをするわけでもなく、“普通な所”と言うnikaさん。 「季節の飾りやお花、カレンダーなどで四季を感じながら暮らしています。私の育った家は常にお花や植物があり、季節の花を楽しんでいる母の様子をずっと見てきました。そんな母の姿に影響を受けています」(同)

カレンダーや季節に合わせた植物を飾ることで、四季を感じながら暮らすことができる。

上で挙げた画像のように、ただカレンダーを飾るだけでなく、その隣に季節を感じる植物を飾れば暮らしに彩りが生まれます。カレンダーを見る度に、今日は昨日よりつぼみが膨らんだな……など、日常的に四季を感じる楽しみも増えますね。

玄関にあるニッチ(飾り棚)。ひな祭りや五月人形、クリスマスやお正月など季節にちなんだ飾りを楽しめるnikaさんお気に入りの場所

【ポイント3】“必要なものだけ”を厳選し、お気に入りの物に囲まれて暮らす

お子さんが生まれてからどんどんと物が増え、居心地の良いはずの住まいに、いつしか暮らしにくさを感じるようになったのがお部屋づくりを始めたきっかけなのだとか。

「それからというもの、物を減らしたり厳選したり、暮らしや持ち物に対して意識を強く持つようになりました。インテリアアイテムは買って終わりではなく長く付き合うものなので、時間がかかっても、しっかりと気に入ったものを選ぶようにしていますね。

キッチン用品は、飽きがこないベーシックなデザインのものを。

デザインはベーシックなもの、家具ならナチュラルカラーを、キッチン用品ならステンレスや琺瑯(白)素材、収納用品なら白を中心に。長く付き合うとその分愛着もわき、大切にできるんです。しっかりと選んだお気に入りの物に囲まれて暮らす気分は、とにかく居心地が良くて、おうちが大好きになりますよ」(同)

あれもこれも買い過ぎてしまい、いつしか物があふれて暮らしにくさを感じはじめている……という方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

nikaさんに聞く、“インスタ映えする”お部屋をキープできる理由

学生時代から、インテリア雑誌を見たり、インテリアショップで家具や雑貨を見たりするのが好きだったというnikaさん。毎回たくさんの『いいね!』がつき、インスタ映えするお部屋をキープできる理由はどこにあるのでしょうか。

「夫がマイホームに憧れがあり、転勤をきっかけに住まいを購入することになりました。もともとインテリアに興味があり、アイテムを揃えるのが好きでしたが、マイホームを持ったことでさらにインテリアが好きになりました。昔からInstagramをやっていたのですが、我が家を持ち、収納や片付けなどを記録する感覚でお部屋の写真を載せようと思ったことがきっかけで現在に至ります。お部屋をきれいにキープするポイントの一つは、家族との決まり事を設けていることです。

決まりごとは簡単で、
◯寝る前におもちゃを片付ける
◯靴下や下着など消耗品は新しく購入したら、そのぶん処分する
◯出したものは戻す

の3つです。“出したものは戻す”がなかなかできない事があるのですが、上手くできない場合は収納の仕組みを見直すよう様にしたりと、ちょっとした工夫をすることでお部屋の状態をキープしています。

子どもと一緒に慌ただしく過ごす毎日は、いつもお家が綺麗なわけではありません。でも、Instagramに投稿することでお部屋を客観視できたり、イメージを明確化できたり、片付けのきっかけになったりしています。家事でも育児でもインテリアでも、楽しいこと、大変なこと、素敵だなぁという気持ちなど、自分が考えていることに共感のコメントを頂けるととてもうれしいです」(同)

背伸びをしたテクニックを駆使するよりも、自分にできる簡単な方法でおしゃれなお部屋づくりをしているnikaさん。“本当に必要なものをじっくりとお選び、大好きな物に囲まれて暮らすこと”が憧れの住まいに近づく一番のポイントなのですね。ご紹介したテクニックで、あなたも“インスタ映え”するお部屋づくりに挑戦してみてくださいね。

nikaさんのInstagramアカウントはこちら:@nika.home