みんなの住まい

「住みたい街ランキング」で人気急上昇! いま「大宮」と「浦和」に住みたい理由

住みたい街ランキング(※)でも常に上位に入る、埼玉県の「大宮」と「浦和」。なぜ今この2都市が人気なのでしょうか? それぞれの街が持つ魅力や叶えられる暮らしをお伝えします。

(※)SUUMO(スーモ) 関東住みたい街ランキング2017 より

都心への直通線がたくさん。通勤・通学に便利

都心へのアクセスがラクラク

「大宮」と「浦和」の共通の魅力は都心へのアクセスがいいこと。
2015年、JR上野東京ラインの開通で、大宮駅・浦和駅ともに東京・品川方面に乗り換えなしでアクセス可能になりました。もともと湘南新宿ラインが通っている渋谷・新宿方面にくわえ、さらに通勤や通学が便利になったといえます。

東京方面・渋谷方面どちらも直通線があり、都心へのアクセスが抜群

さらに、大宮駅は東北新幹線や東武アーバンパークラインなどの私鉄も合わせて14路線が乗り入れている埼玉のビッグターミナル。東北への帰省や出張が多い方にもおすすめのエリアです。

遅くまで終電がある。終電を逃しても深夜バスがある

終電が遅い時間まであるうえ、深夜バスも ※2017年11月時点の情報です。

都心でないと終電が早いのでは? という点は気になるところですが、都内の主要駅から大宮・浦和方面への終電の時間は比較的遅いのが特徴。午前0時を過ぎても各主要駅からの電車があるため、都内での飲み会の際に、人より早く帰らないといけない不自由さがありません。
また、終電を逃したときに頼りになるのが深夜バスの存在です。池袋駅から午前1時20分発の深夜バスが出ており、浦和駅を経由して大宮駅まで運行しています。電車だけでなく長距離深夜バスもあるというのは、住んでいる人が多いからこその利便性ですよね。

大きな公園があり、子どもをのびのびと育てられる

大宮・浦和ともに大きな公園があり、都心ではなかなか味わえない「自然」を身近に感じられます。休日などに家族で公園に遊びに行ったり、通勤・通学前にジョギングを楽しむこともできます。

大宮公園や氷川神社の総本社があり、緑地も多い「大宮」

春の大宮公園(ファインコート大宮高鼻町 氷川の杜物件HPより)

氷川神社近くの「大宮公園」は、サッカー場や児童遊園地などを併設し、「さくら名所100選」にも指定されています。園内には入園無料の「大宮公園小動物園」があり、ニホンザルやカピパラなど多数の動物が飼育され、土日や祝日にはウサギやテンジクネズミ(モルモット)とのふれあいタイムやハイエナなどの猛獣観察などのイベントが。子どもと一緒にお散歩がてら、気軽に出かけられますね。

参拝客でにぎわう氷川神社(ファインコート大宮高鼻町 氷川の杜物件HPより)

2000年以上の歴史がある大宮氷川神社。大宮の地名の由来「大いなる宮居」もここからきていて、季節を問わず多くの参拝客で賑わっています。さいたま新都心駅から約2㎞も続く氷川参道に植えられている樹木は、ケヤキなど700本。保存緑地の指定を受けている美しい参道はお散歩にもぴったりですね。

釣りなどのアクティビティが楽しめる公園がある「浦和」

セコイヤの木が生い茂る別所沼公園

浦和には、美しい景観が楽しめる「別所沼公園」があります。公園内には、名称にもなっている別所沼で釣りもできるほか、多目的広場や児童広場などがあります。公園周辺はランニングロードとして整備され、木々に囲まれたコースをジョギングする人、犬の散歩をする人と、住民が思い思いに楽しむ姿が見られます。公園の中にある「別所沼会館」ではバーベキューができ、期間限定で行われるジンギスカンビアガーデンが人気なのだとか。

「大宮」と「浦和」それぞれの街ならではの魅力をご紹介

再開発が進み商業施設が充実。さらに発展していく「大宮」

大宮駅前には多くの商業施設が揃う(ファインコート大宮高鼻町 氷川の杜物件HPより)

大宮駅周辺は再開発が進んでおり、エキナカ商業施設が充実しています。「エキュート大宮」はエキュートの第1号店で、和洋菓子からお惣菜まで約80店舗の多彩なお店が。平日と土曜日のお買い物は22時まで、ベーカリー&イートインは22時30分までオープンしているので、夜遅くなった日でも帰宅途中にお買い物ができますね。
そのほか、駅直結の「ルミネ大宮」をはじめ、「大宮マルイ」、「そごう大宮店」、「大宮タカシマヤ」など多くの商業施設があります。毎日のお買い物はもちろん、大切な方への特別な贈り物まで、全て駅周辺で揃えることができます。

駅周辺の開発がさらに進められる(ファインコート大宮高鼻町 氷川の杜物件HPより)

この後も東口・西口ともにさらなる再開発が予定されており、よりいっそう住みやすい街になりそうです。

公立の名門校があり、教育熱心な人の多いアカデミックな街「浦和」

左:埼玉県庁/右:市立大谷場東小学校(ファインコート南浦和プライムレジデンス物件HPより)

浦和エリアは埼玉の行政の中心地で、埼玉県庁や埼玉県警察本部があります。文教都市を長く謳ってきたこともあり、アカデミックで落ち着いた雰囲気を持っています。
東京大学の合格者数で毎年公立上位に入る名門・埼玉県立浦和高等学校や「浦和一女」の愛称を持つ埼玉県立浦和第一女子高等学校があり、宇宙飛行士・外科医・児童文学者など、多彩な卒業生を輩出しています。また南浦和にある市立大谷場東小学校は「次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業実施校」として指定されています。こうした公立校のレベルの高さから、教育に熱心なファミリーの注目を集めています。

都心へのアクセスが良く、自然環境にも恵まれている大宮・浦和エリア。お店が多く再開発が進む「大宮」、伝統校が持つアカデミックな雰囲気がある「浦和」と、それぞれの特徴があります。
街の個性を知ることで、その街に自分や家族が住んでいるイメージが湧くかどうか想像してみる。そんなところから、自分の住まいは見つかるのかもしれません。今回の「大宮」と「浦和」情報も、そんな住まい探しの一つとして参考にしてみてください。

人気記事