みんなの住まい

わが家の地震対策。どんな備えをしていますか?

近年多くなっている地震。
「いざ」という時のために、「住まい」や「家族」を守るための備えも気になるところ。
地震に対する備えとして、どんなことをしているのか、「住まいの先輩」の皆さんに聞いてみました。 (2005年09月UP)

H.Oさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

神戸での大震災を経験しています。やはり飲み水の確保は必須ですから、ペットボトルで1ダース分いつも常備しています。
また、神戸の震災の時に火事で多くのことが亡くなったことを教訓に、料理の後のガス栓を締めるようにいっています。
家具なども倒れないよう転倒防止グッズを利用しています。
最近では、携帯電話をラジオ・テレビつきのものに変えました
何かあったときいつでも情報を聞けて便利です。

回答日:2005年9月21日

るりたまあざみさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

7月の地震では大きな揺れに食器棚の上の秤や植木鉢が次々と落下。
即、家具や家電には転倒防止グッズを取り付けました。
高い位置の壊れやすい物や重い物は下ろして、見栄えより安全

就寝は壁の額縁が落ちてきたベッドルームから家具が一切ない和室に
少し神経質になりすぎかもしれませんが、念願のお家を買えたのですから命あってこそ!

災害時持ち出しのリュックには水や非常食、懐中電灯、薬等の防災セットをフル装備、玄関近くに配置。
通帳や保険証券等、大切なものも近くにまとめて。
お水はお風呂にためるのは嫌なので、ミネラルウォーターを10L、ペットボトルに水道水を10L汲み置きしています。
携帯電話は常にフル充電、笛をいつもポケットに

また万が一に備え、保険や貯金、住宅ローン等の連絡先一覧を遠方にいる兄弟に渡しています。
ここまでやって何もないのが一番ですけど。

回答日:2005年9月19日

ブラックマンタさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

我が家の地震対策は家選びから始めました。
マンションを希望していたので 免震構造の建物であること、玄関扉が地震時に開かなくなるのを防止する耐震ドアを採用しているかということをチェックしました。
住居購入後は引越時に家具を固定器具等で固定し、新しく購入する家具は地震で揺れても扉が開かない家具にしました。
日常的な備えとしては家族3日分の水を500mlペットボトルで確保しています。
また、寝るときには枕元に必ず携帯を置くようにしています。
(連絡手段のほかに電灯代わりになったり、とても重宝すると伺ったので。)
備えあれば憂いなし。今後、もっと備えを増やしていくつもりです。

回答日:2005年9月19日

どらさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

部屋の中に背の高い家具は置かないようにしました。(机の高さまで)
家具自体にも転倒防止転倒しても通路確保が容易なように配置をしております。
外に出るときの備えとして、路面のガラスなどの飛散物が危険なので底の厚い靴や、
当初お金が必要なときお札が使えなくなる可能性に備え、十分な小銭を用意したりしています。
また必要な連絡先の電話番号を、携帯電話の登録以外にも自宅や勤務先などに
紙のメモで記録しておきます。

回答日:2005年9月17日

さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

主人の仕事柄、書籍が多くすべての部屋の本棚と、リビングの食器棚に転倒防止器具を取り付けてあります。
書斎は作り付けで倒れないものにしました。
飲み水は1.5リットルと300mlのペットボトルを買い置きしてあります。
防災リュックは大人と子供用に分けて、半年に1度ぐらい点検しています。
緊急連絡の取り方や避難場所の確認を日頃から話すようにしています。

回答日:2005年9月14日

はづきさん

  • 60代後半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

マンション購入時には窓ガラスはシーグフィルムをオプションで貼ってもらった。(32万円)⇒本来の目的は断熱と有害紫外線の(99%)除去。もちろん地震にも対応!
家具には一応倒壊防止のグッズをいろいろ使っています。
三日間は個人で持ちこたえられるようにということなので、水や食料なども用意してます。
主人は会社が「伝言ダイヤル」を設けてくれて、予行演習もありました。
子供たちは郊外の大学なので、帰宅難民にならないよう、数日間は大学に残るように言ってあります。
大きい大学なので災害時の備えもあります。
特に下の子の所属している棟は、普段から、勉強に熱中するあまり??一歩も外へ出なくても飲み物はおろか、パンの自販機まで同じ建物内に有るくらいですから籠城に適しています。

回答日:2005年9月16日

せきおさん

  • 90代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

地震対策について(一般的な対策、家具の固定・保存食飲料水等)一応用意はしていますが、家族が別行動中の時のことを考えて、携帯の連絡法を決めています
懐中電灯を各部屋に置いてあります。
又、戸棚の中の食器類を割れものは下の段に移し変えました。

回答日:2005年9月14日

ながやんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:2人

1.家具に転倒防止器具を取り付けている
2.家具の上においてある飾り物は両面テープでとめて地震が来ても落ちないようにしている
3.非常持ち出し用品をバックパックに詰めてありいつでも持ち出せるようにしている
非常食
懐中電灯
保温シート
飲み水 
非常用トイレ
携帯コンロ
ペットフードと猫砂
4.TVをTVスタンドにネジでとめている

回答日:2005年9月19日

ドナルドさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

まず、大型家具の固定(主に、つっぱり棒)。
見た目は多少悪くなりますが、そこは安全第一!
ただ『大型家具はもちろん、意外に、テレビやパソコンなどが落ちてガラスなどで被害に合うことも』という報道番組を見て、防災グッズを探し中です。
非常持出袋を用意
中身を順番に補充中です。
食料(水)、重要事項のメモ、医薬品、日用用品、など買い足しています。
持出袋は一戸建てなら屋外の物置きに保管しておくのがベストと言いますが、我が家はマンション。
幸い大型の下足入れがあるので、保管しようと思っています。
さらに、趣味であるアウトドアで、子供にも日頃から色々な経験をさせています

回答日:2005年9月15日

みすまさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

現在、子供がまだ小さく、一人で寝ることが出来ないので、思い切って一部屋に箪笥や家具を集めました
その部屋は、まるで大きなウォークインクローゼットと物置を合体したような部屋に。
とても贅沢な使い方をしています。
しかし、他の部屋は、家具も無く広々としており、地震が来ても大丈夫です。
でも子供が大きくなったら・・・・。
その時はその時に考えます。

回答日:2005年9月16日

まりのさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

タンスは天井に突っ張り棒で固定、食器棚の扉は市販の地震対策用のストッパーで止めています
しかし安心はできないので、何も倒れてこない場所を作って、家族はそこに寝ています
家の中に安全なスペースを作るとよいと聞いたことがありますので。
その他ペットボトルの水やレトルト食品、ラジオや懐中電灯など一式をリュックやキャスター付のケースに入れて、家の何箇所かに分散してこっそりと置いています
主人は会社の机にも水と簡単な食料を置いています。
どんなに地震対策を施しても完璧ということはないと思われる一方、やりすぎて、部屋の雰囲気を損なったり使い勝手を悪くしたりすることもありますので、どこまでやるかは判断の難しいところだと思います。
また、何かの時に助け合えるご近所さんがいると心強いですね。

回答日:2005年9月16日

佳辰令月さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

玄関のシューズクローゼットに非常用持出袋をおいています。
セットになったものを購入するより、自分たちで生活の中で考えながら足していっています。
それから、マンション購入の際、地震のときに中身が飛び出さない食器棚というのにしました。
あと、通路、廊下などにモノをなるべく置かないようにすることが大切ですね。

回答日:2005年9月14日

pinoさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:2人

一人にひとつ避難用のリュックを持っており、中身は詰めております。年に一回地元の町会の避難訓練の際に非常食が配られるのでその時期に処分して(食して)新しいものと入れ替えています。マンションの避難訓練にも町会の避難訓練にも毎回参加しております。妻とはぐれたときのために、会う場所を決めてあります。

回答日:2005年9月15日

でろでろさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

とにかく水だけでもと、灯油用ボトルの口に片方からは水道水を直接通し片方の口から出る水を使用するようにしてます。
そうするとボトルの中の水はいつも新鮮なので18リットル分だけですが確保できます。
後は集合する避難場所を決めました。

回答日:2005年9月15日

のんさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

地震に強いマンションを選んだつもりなので、特に何もしていません
このところ地震が多いのですが、先日も震度5の時に、全く被害がありませんでした。
古墳のあるところは地震や台風など大きな災害が起きにくいと言われています。埼玉はその点、とても住みやすいのかもしれません。

回答日:2005年9月17日

BAMBIさん

  • 60代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家の家族は、ワイフの父(90歳)と母(81歳)で4人です。
運が良ければ近くの公園(200M)で退避しする事にしてます。
ワイフとはアマチュア無線か携帯で連絡する事に家族会議で決めました。
鉄筋の入ったガレージに、ホンダの発電機と予備燃料、バッテリーと照明、水(2Lx12本)、テント、ベンチ、椅子、トイレ、テーブル、毛布、バーナー、食料等を準備しています。
この他、アメリカ製のAirstreamBambiというトラベルトレラーを所有してますのでシャワーと水洗トイレや電子レンジ、冷蔵庫を使用出来る環境なら使う予定でいます。
缶詰めやCoffeeなども常備しています。
運良く元気でいればの前提ですが。
寝室には靴、着替え、水、ライト、ラジオは準備してますが役立たないこと祈っています

回答日:2005年9月16日

きょろちゃんさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

子ども二人が小学生なので、災害時に家から遠い距離にいる心配は今はまだありません。
夫の職場も4~5時間で徒歩で帰宅できる距離なので、万が一の時も自宅周辺でおち合えるように避難場所を決めています。
が、何年も前に設定した場所なので、家族が揃った時に再確認の必要を感じています。
家の中は、「とにかく常に片付けておく」習慣を徹底したいと思っています(これが難しいのですが)。
目下の心配は、飼い犬。
小型犬なので移動に困ることはありませんが、避難が必要な程の災害時、周囲から迷惑がられないだけの躾をしなければと、肝に念じています。

回答日:2005年9月15日

ヒーローさん

  • 40代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

1.家具が倒れないように専用器具をつけたり、非常用袋を準備しています。
2.大地震の経験がある知人から、スリッパだけは忘れないようにしたほうがいいと言われ(ガラスや物を踏んでケガをするため)それ以来、ベッドサイドには必ず置いています。以上です。

回答日:2005年9月15日

おくちゃんさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

やはりマンションだと水の確保が大変だという気持ちから、1.5リットルの水を10本常備しています。
1年ごとに総入れ替えをしています。また食料も1年ごとに総入れ替えをしています。家具もつっぱりくんを入れたりしています。
今のマンションは作りつけの家具がほとんどなので、少し安心しています。
また、私は都内に出ることが多いので、避難経路をあらかじめ調べておいて、夫ともどこで落ち合うようにするか、話し合っています。
携帯はメールでやりとりをしようとか、ルールをいくつか決めています

回答日:2005年9月14日

コミタンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

身近なところでは、家の中の食器棚、箪笥などの大型家具全てに突っ張り式の転倒防止を施しています。
また、量はそれほどではありませんが、ペットボトルの水や食料、生活必需品などを備蓄しています。
実際大地震が起こったら?と想像してみるのもいいと思います。
リビングなら、ここは危なそう、あそこなら大丈夫かな?と予想します。
我が家では小さな子供2人に、「大きな地震があったら、テレビから離れて、すぐにテーブルの下に隠れるんだよ。」と、常日頃から言い聞かせています。

回答日:2005年9月14日

パレスサイトさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:3人

寝室ベッド下に靴+靴下+軍手+懐中電灯をセットしております。
玄関近くの棚にはチョコレート+水+実印+パスポート他書類関係を入れたバッグを用意して逃げ出せる様に心掛けております。
比較的高層階の為、下まで降りられる様に「靴」は一番重要だと考えております。

回答日:2005年9月14日

FIGHTMANさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

地震保険に加入しました。
また、家族の緊急連絡先を再度確認しました。
さらに家具の取り付け状況を再度確認して耐震装置を設置しました。
防災用具も取り揃えておきました。 
普段からの心構えが大切だと思います。

回答日:2005年9月18日

かしわのドラえもんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

以前行っていて最近はやめていた非常持ち出し用品を最近の地震頻発で再開しました。
あわせて懐中電灯を各部屋に一台装備
乾電池ラジオも購入した。
そして、家具のすべりどめ、転倒防止器具の点検を終えたところです。
そしていつも気をつけていることは、食器棚の扉をこまめにしめる、ガス、電気、電灯をこまめにチェックして火災を防ぐ
習慣にするとそんなに苦ではなくなります。
あとは東京へ通勤しているお父さんに携帯電話だけでなく携帯ラジオとミニ懐中電灯をもってもらうようにしました。
まだこれだけではだめですが、これ以上はおいおいとします。

回答日:2005年9月14日

ふれあいさん

  • 70代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

地震発生時は安全に避難するためにも室内家具の倒壊で怪我をしないように気をつけておきたいものです。
そのために予算の許す範囲内で家具類は高さが低い物に買い替えました。
高めの家具は家人の入室が少ない部屋に固定し置くようにしました。
また多少不便ですがワードローブの扉の「把手」どうしをゴム紐でとめておき中の物が飛び出さないようにしてあります。
マンション住まいですので停電になると水を汲み上げているモーターが停止し断水してしまうので、飲み水の確保としてペットボトルを箱で常備しています。
トイレの流し水の確保も大切で浴槽の水は掃除の前までは流さないようにもしています。

回答日:2005年9月14日

かずちんさん

  • 30代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

飲食物は、マンション内に備蓄があると聞いているので特に用意はしていない。
本棚、食器棚は、天井にぴったりとサイズをあわせたものを揃えている。
埋立地なので、避難指定場所も不安だが、地震対策については主人とよく話し合っている。
普段から話題にすることが大事だと思っている。

回答日:2005年9月14日

モンチッチさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

家には常に、ペットボトル10本の水、お菓子を常備しています。
それと、水の確保のために風呂水はすぐに抜かず次に入るときまでためています。
たんすなどはすべて、転倒防止器具を付けています。

回答日:2005年9月20日

もっと見る
閉じる

カテゴリ: エコ・防災 

人気記事