みんなの住まい

防災面での取り組みについて

地震や災害を想定した対策をされていますか?マンションやご家庭で行っている防災の取り組みについて教えてください。
(2012年08月UP)

ながやんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:2人

大きめのキャリーバックに防災用品を入れて非常時にすぐ持ち出せるようにしています。食料品は、火や水がなくても食べられるものを家族の三日分を備蓄しています。また、段ボール製の折り畳み式ポータブルトイレを準備しています。

回答日:2012年9月11日

スィートラベンダーさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

防災リュックは10年ほど前に購入したもので、中身の缶詰類もすべて消費期限が切れていました。入れっぱなしにならないように、一週間に一度は見直しをしています。全部入れ替えるというのではなく、一つでも気付いたものを加えたり、また必要ないと感じたものを減らしたり、良い習慣になりました。

回答日:2012年9月11日

さざんかさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

家の中にはいわゆる防災リュックを準備しています。非常食や水、ロウソクマッチ、応急薬、小銭などなど。枕元に懐中電灯と、ホイッスルを置いています。ホイッスルは体力を消耗せずに呼吸を使って、自分の居場所を知らせることができると聞きました。庭のテラスに運動靴を常備。玄関から出られるとは限りませんから。それでも東北の震災などを見れば、想定通りに地震や台風や火災があるとは限らず、心配ですね。

回答日:2012年9月10日

きゅうさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

災害時,食料は2~3日程度で外部から手に入れることが可能だが,トイレの復旧が最も困ると聞いています.そこで,マンションでは災害用トイレを購入しました.個人では準備が難しい設備を共同で備蓄できるのはマンションならではです.

回答日:2012年9月10日

MICKEYさん

  • 40代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

昨年の3月の地震以降、我が家では防災グッズとしてミネラルウォーターと缶詰を常備するようにしています。また時々スマートフォンのナビゲーション機能を活用して、職場から自宅までの帰宅ルートの確認を行うようにしています。

回答日:2012年9月9日

ブラックマンタさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

家庭の備えとコミュニティーとしての用意の両面で考えています。個人としても水や食料を「非常食」としてではなくいつも食べているものをローリングストックしています。マンション内では防災訓練が行われたり、災害用の備蓄を毎年増強しています。あと、気持ちと体力の準備もしておきたいですね。

回答日:2012年9月9日

NOBUさん

  • 50代前半・ (男性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:4人以上

東日本大震災では液状化の影響で1ヶ月水道、下水が使用不能となりました。一番役立ったのが防災セットに入っていたトイレネット。簡易トイレを実現するネットです。普段はあまり使わない黒いビニール袋も必要です。停電の経験から今はLEDライト(携帯電話の充電が可能のタイプ)、熱の出ない白熱灯を用意しています。ラップとウェットティッシュも不可欠です。

回答日:2012年9月9日

かんなづきさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

個人的な問題となるのですが、週日は勤務先での防災対策の範囲に入っていることから、通勤中、帰宅後および週末の防災についてはあまり関心がなかったというのが正直なところです。住民の中には、建物単位での積極的に対策を希望されていらっしゃる方もいるようで、今後、まず自宅内から具体的な準備(必携グッズ、避難場所マップ等の用意)を始めたいと思います。(周囲の方とのコミュニケーションの薄さを自覚・反省した機会でもあります。)

回答日:2012年9月9日

たちゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:3人

常夜灯兼懐中電灯を廊下や階段のコンセントにつけています。缶詰、ミネラルウォーター、ウェットティッシュ、サランラップなどを用意しています。

回答日:2012年9月8日

あきさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

マンション内で行われた地震セミナーなど参加をして自宅でもできることを学んでいます。いつも小さい懐中電灯を持ち歩き、停電などに対応できるように心がけています。

回答日:2012年9月8日

パパゲーナさん

  • 70代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

おもな家具は固定装置で固定しました。寝室には懐中電灯を常備。缶詰の買い置きもしています。マンションでは、非常用トイレや、バールなどの道具類を用意しています。地上と屋上の水槽には、節約すれば4~5日使えるだけの水があるそうです。そして、常駐の管理員さん。3.11の直後、一人暮らしのお年寄りを全員訪ねて、無事を確認していました。

回答日:2012年9月6日

あちゃもさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家ではいざという時に備え、玄関近くにいつでも持ち出せる様に防犯グッズを常備しています。また、最悪、自宅で数日過ごさざるを得なくなった場合も対応可能な様にガスや電気が無くても煮炊きが出来る様な機材や食材の準備も行っています。

回答日:2012年9月6日

kimikoさん

  • 70代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

先日発表された、巨大地震時の想定被害(死者、倒壊家屋、大津波など)を見ると、たとえ生き残っても、ライフラインの復旧まで容易ではなく、サバイバル生活が維持できるか疑問に思います。火(卓上コンロ)と水(ミネラルウオーター)とトイレ対策、そして、ちょっとオーバーですが、海外からの客船での救援を想定して、脱出方法を考えたいと思っています。

回答日:2012年9月5日

pchanさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

以前住んでいたのは駅近のタワーマンション。当初は災害時の備蓄などはなかった。町内会に備蓄はされていたようだが、自分たちでもいざと言う時の準備が必要と考え、備蓄をするようにした。その際に問題となったのがどこに備蓄するかと言うこと。集会場所はあるのだが、備蓄品を置けるスペースは限られていた。町内会や管理組合に頼るのではなく、やはり自身での備蓄なども必要と感じた。特に高層階の方は災害で停電になると、エレベーターも停止して困ることになると思う。

回答日:2012年9月4日

さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

マンション内に、最低限の飲料水は備蓄してあると説明を受けました。それだけでは心配なので、わが家では、各自リュックに必要なものを入れて、時々点検をしています。食料はいつも食べ慣れているもので、缶詰やレトルト食品、お菓子類などを常備しています。近視なので、予備のメガネも入れてあります。

回答日:2012年9月2日

公園通りの家さん

  • 50代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

飲料・食糧・渦中電灯・携帯ラジオ・電池・リュック等を常備しています。また、ハザードマップを入手して、家の周辺の状況を把握しています。

回答日:2012年9月2日

GONさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

マンションのコミュニケーションを図り、防災意識を高めるために1年に一度、マンション内で防災訓練を行うようになりました。あの震災以来、その意識は高まっています。マンションには備蓄倉庫がないため、個人で食糧やミネラルウォーター、ランタン、乾電池、トイレなどを常備しています。

回答日:2012年9月1日

H.Oさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

各部屋のベットの横に防災グッズをリュックにつめておいて、何かあっても大丈夫なように、食糧・水、懐中電灯などをいれています。各棚には倒れないように、防災グッズを使用しています。また、災害のときは、何よりご近所の方がたと助け合うことが大切だと思うので、日頃からお付き合いをしています。

回答日:2012年9月1日

ラウレアさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

マンションでは、これと言って訓練などありませんが、自分で食料など備蓄しています。住民同士、何かあったとき、外出していたら、預けあえるお付き合いもできているので、いざというときは安心です。

回答日:2012年9月1日

亮ママさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

3.11以来、非常持ち出しグッズをそろえたり、常に2lのペットボトルの水10本は家にあるようにしたり、簡易トイレを購入したりしました。また、キッチンの見えるところに非常持ち出し袋の中の食料の一覧を貼り、賞味期限のチェックもそこで行えるようにしています。

回答日:2012年8月30日

ノアさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

震災後は防災グッズを入れたBOXを用意し大きなラベルで遠くからでもわかるよう表示してます。BOX内には水や電池、懐中電灯、タオル、マジックライス等入れて備えてます。定期的に中身の確認もしてます。

回答日:2012年8月30日

なつごろママさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

最低3日分は用意したほうが安心ということなので、水、卓上コンロとガスボンベの予備、懐中電灯、非常食、手回し充電式のラジオは用意してあります。

回答日:2012年8月30日

モンチッチさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

災害に備え、水と食料、乾電池は備蓄してあります。それから、トイレの水等に困らないよう、風呂水は、風呂にはいる直前まで、前回の風呂水をそのままためておいてます。災害に備え、水と食料、乾電池は備蓄してあります。それから、トイレの水等に困らないよう、風呂水は、風呂にはいる直前まで、前回の風呂水をそのままためておいてます。

回答日:2012年8月30日

ちゃっぴーさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

3.11の地震以来、リュックに水や電池、家族の写真など詰めて、持ち出せる場所においています。食品などの賞味期限のチェックなどは、防災の日に行うようにしています。

回答日:2012年8月30日

アンティンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

少ない戸数のマンションのため、防火訓練等はありません。先日、防災用の備蓄品をマンション全戸でという話がありましたが、家庭によってかなり温度差があり、話はなくなり残念です。

回答日:2012年8月29日

マッシーさん

  • 60代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

うちでは、人数分の非常持ち出し袋を用意しています。中身のチェックもしていて、水や食料は時々入れ替えています。昨年の震災時には電池が払底したので、懐中電灯と電池は大目においています。マンションの防災訓練も結構たくさん参加していて、防災意識は高いと思っています。

回答日:2012年8月29日

ふぁれんどーるさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

防災訓練が時々あり積極的に参加するようにしています。それに参加することにより頭で考えていた場合と実際に行動したときはどうだったかというのがよくわかるようになりました。家では飲み水はカートンボックスで買っていますが最近は余分な備蓄をするようにしています。万が一の時のためです。

回答日:2012年8月29日

かしわのドラえもんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

戸建てミニ分譲が集まった地域なので、一番大切なのは、日常の声掛けです。そのうえで、防災備蓄を行う。浄水場異常の断水の時、近所の助け合いがいかに大事かがわかりました。ひとり、一戸では限界がありますので、ご近所で協力しあえることが重要だと思います。

回答日:2012年8月29日

ショパンさん

  • 60代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

防災面では、水を第一に考えています。三人家族で三日分くらいは持つように水を確保しています。簡易トイレの購入を考えています。食料等は三日くらいは持つのではと考えます。

回答日:2012年8月29日

ゆきかさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

家族それぞれのリュックに、軍手、靴下、マスクなどの避難グッズや当座の着替え、日用品、ラジオ、電池、水、チョコレートなどセットしています。貴重品も分散しつつ、持ち出しはさっとできるようにしてあります。持ち出し用ではありませんが、トイレットペーパーや水、食料品も昨年の震災後のような流通麻痺に備え、以前よりは多めにストックしています。また家族で避難場所や連絡方法などは確認しています。

回答日:2012年8月29日

pinoさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:2人

マンション内避難訓練、及び、町内の避難訓練をそれぞれ年1回、消防署を呼んで実施しています。頭ではわかっていることでも何度も繰り返さないといざというときに対応できないと思っています。出席率が良くないことが残念です。

回答日:2012年8月29日

パレスサイトさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:3人

防犯訓練に参加した経験は御座いませんが万が一の際にはお隣や小さなお子様がいらっしゃる世帯の方にもお配り出来る水や食料、マッチ、軍手他を家族以外の分も多めに備蓄しております。

回答日:2012年8月29日

かずちんさん

  • 30代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

311の震災から、意識が大きく変わりました。防災グッズも以前から用意していましたが、第一に持って逃げ出すもの、第二に(また自宅に戻って来られる状況の時)持ち出すもの、とプライオリティの高いものに分けて荷物を寝室に置いています。

回答日:2012年8月29日

KOTOさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

住人どうしのコミュニケーションが色々な意味で情報収集にもなり、防犯につながると思います住人どうしのコミュニケーションが色々な意味で情報収集にもなり、防犯につながると思います

回答日:2012年8月29日

MOCHAさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

防災グッズの入ったリュックサックは寝室に常備。あと、スニーカーも寝室に常備しています。停電を想定した調理器具としてはカセットコンロ。お湯が沸かせればとりあえず暖はとれます。以外に有効なのがエマージェンシーシート。真冬に試しましたが全く暖房不要で汗が出るほどの効果がありました。わが家は夏と冬に年に1回は夜一切の電気、ガス、水道に頼らずに夕食を調理して食べることでいざというときに備えています。

回答日:2012年8月29日

エンジョイ生活さん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

正直,あまり積極的に備蓄などはしていませんが,マンション内で実施される防災訓練や説明会などには参加するようにしています。また,マンションの組合では,震災以降,特に色々取り組んで頂いているので安心しています。例えば,給水施設・備蓄・緊急時の連絡体制の整備。最近では,エレベータ内に緊急時にはトイレになるイスなども試しに置かれたりもしています。近所のスーパなどでも頻繁に防災グッズ売り場が設けられるので,最近では,個人的にも,少しずつ5年保管可能な水などを購入し始めました。

回答日:2012年8月29日

ゆうぱぱさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

家族と災害時にどこで落ち合うかを決めています。防災グッズも一応あります。水もたくさん備えてます。でもどんなに揃えても「充分」ということはないのだろうなと思ってます。

回答日:2012年8月29日

でろでろさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

我が家は、普段から家の中の物で1ヶ月は過ごせるくらいの蓄えをしています。また燃料として普段はおへやのにおい取りのためにかごに炭を入れておいてあるのですが、いざとなればキャンプ用のバーベキューセットで燃料として使えます。

回答日:2012年8月29日

コミタンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

ありきたりではありますが、非常持ち出し袋を用意し非常時に持ち出しやすい場所においてあります。中身は家族の人数分用意しました。また、ある程度の食糧・水の備蓄をしています。東日本大震災の時に単1・単2電池が入手困難になったので、これも常備しています。

回答日:2012年8月29日

せきおさん

  • 90代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

地震、台風等、いつ起こるかわかりませんので、日ごろから防災グッズは用意しています。訓練のある時はなるべく参加していますが、いざ現実になったら落ち着いて行動できるかどうか、疑問です。防災グッズは常に点検して新しいものに取り換えたり、新たに必要品を加えたりしています。防災グッズが必要にならないよう祈っています。

回答日:2012年8月29日

のんさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

我が家では、昨年3月の計画停電に懲りて、懐中電灯を各部屋に置いています。また、マッチとキャンドルを大量買いし、停電に備えています。それと、手巻き充電ラジオ(携帯充電機能付き)、カセットコンロも買いました。水は常に備えています。

回答日:2012年8月29日

江戸川堤さん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:2人

昨年の大地震を教訓に、家に1週間ぐらいは閉篭る覚悟をしています。食料、水などの備えはできますが。住居が高層階のため、トイレ、エレベーターが使えなくなった場合の対策に悩んでいます。

回答日:2012年8月29日

佳辰令月さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

防犯でも防災でも、住民の意識の問題だと思いますが、みんなで声を掛け合うとか、みんなが見ている、というような環境・雰囲気作りができればいいのに、と思います。特に災害時は情報が大切になりますので、隣近所との適切なコミュニケーションを図りたいものです。災害時の連絡の取り方や帰宅ルートなど、日頃から話し合うようにしなければ・・・防災のための備蓄も単に台所のストックにあるだけで、持ち出し用にパッケージしていないので、どうしたものか・・・わかっていてもなかなか時間がなくて整えられないのが現実です。

回答日:2012年8月29日

みゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

家具・電化製品は全部固定、パソコンや置物なども粘着物で固定しています。大震災の時は不在だったのですが、クロゼット内の空箱が落ちている程度で、被害はありませんでした。大震災後に、1箇所しか置いてなかった防犯グッズを1階と2階の両方に置き、お風呂にはバケツ2杯の水を汲み置いています。

回答日:2012年8月29日

もっと見る
閉じる

カテゴリ: エコ・防災 

人気記事