みんなの住まい

寝室の工夫を教えてください

安眠・快眠を得るために、寝室で工夫していることはありますか?
「住まいの先輩」のみなさんに聞いてみました。(2006年04月UP)

なつごろママさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

ベッドを使用しているので、まずベッドの位置を決めて、その他の家具(本棚、パソコンデスク)が地震のさいにベッドに倒れてこないように配置するのに気を使いました。
カーテンは遮光カーテンにしたので、夏でもぐっすり目覚ましがなるまで熟睡できます。

回答日:2006年4月18日

ぷじおさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

照明です。
ベッドに寝たときに眩しくないように、できるだけ柔らかな明かりの照明器具を探しました。
そして明るさを無段階に調整できる調光スイッチも寝室にはとても便利です。

回答日:2006年4月22日

はづきさん

  • 60代後半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

寝室の大窓は東向き!
汗かきの主人ですので、夏の日よけ対策が大変です。
真夏だけは、お日様大好き、とも言ってられず、日よけに、すだれを2重にかけています。
影になるうえ、風通しも大丈夫。
北側の窓を開ければ、ほとんどクーラーなしで過ごせました。

回答日:2006年4月17日

ふーさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

和室に寝ています。
布団は可能な限り、干すようにしています。
布団を毎日上げることで1部屋使うことができるので便利です。
子供もたたみの感触が好きなようです。

回答日:2006年4月17日

さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

窓が二つあり季節によっては早い時間から陽が差し込むので、遮光カーテンを使用しています。
安眠に効果的なブルー系の色をカーテンやリネン類に取り入れたり、パジャマやリネン類は綿などの天然素材のものを使用しています。
また、アロマポットで鎮静作用のある香りを就寝時間の少し前から漂わせたりしています。

回答日:2006年4月16日

MICKEYさん

  • 40代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

カーテンを遮光性のあるものにしています。
朝日がよく入る部屋を寝室としているので朝ゆっくり寝たいときには遮光性のあるカーテンは役立っています。
後はベッドを使っているのですが、布団と異なりマット等を外で干すことができないので、汗取りパッドなどを使って極力清潔に保っています

回答日:2006年4月19日

さざんかさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

工夫1:ベッドの下はホコリがたまりやすいので、掃除しやすい足つきベッドにしています。

工夫2:リビングに隣接する部屋を寝室として開放感があるようにしています。

工夫3:さらに開放感を出すために、リビングとの間の引き戸は普段は使わず、透け感のある布地のカーテンをかけています。
(突っ張り棒を使っています)

工夫4:寝具はダニが出入りできない生地の羽毛です。
ベッドパッドも羽毛にすることで夏さらっと涼しく、冬あったかにしています。

工夫5:手持ちの電気スタンドが部屋に合わないので、アイボリーに自分で塗り替えました。

回答日:2006年4月16日

ぴーやんさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

寝る前にヒーリング音楽を聞いたりアロマオイルの香りを楽しんだりしています。
照明も蛍光色ではなく白熱色にして柔かい明かりにしています。
部屋の温度や湿度にも注意して快適に感じる位に保つようにしています。
それから寝る前のストレッチも日課です。 

回答日:2006年4月15日

kimikoさん

  • 70代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

安眠の秘訣は、私の場合、薄着、薄掛けです。

寝巻きは、夏、冬、すべすべのムウムウ(ロング、5分袖)一枚だけで下着もほとんどつけません。
布団は一切使わず、冬は、暖かい毛布一枚、夏はタオルケット一枚をホテルのように、ベッドスプレッドの下に掛けて休むのが好きです。
(ベッドメーキングもたいへん楽で、スッキリしております。)

ただし、冬はすごく暖かく、夏はひんやり冷たくが大好きですので、電気毛布、冷暖房機は欠かせません。

回答日:2006年4月15日

スィートラベンダーさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

我が家の寝室は、和室です。
ここ数年心配されている地震が起こったときのことを考えて、この部屋には、箪笥類やインテリアグッズはいっさい置いていません
いざ地震が起きても、何も倒れてこないという安心感が安眠につながると信じています。

回答日:2006年4月24日

のんさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

うちの寝室の窓は、床から80センチくらいまでです。
それでもカーテンは床までの長さで作りました。
どうしても北側に配置されがちなマンションの寝室は思った以上に寒々しています。
でも床までの長さのカーテンがあれば、寒さを幾分防げますし、暖房の効きも違います。
一日陽が当らないので、出来るだけ寝具を南のベランダに干したり、温か味のある色調にしたり、という工夫もしています。

回答日:2006年4月17日

るりたまあざみさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

廊下側に面し、窓を開けることが少ない部屋なのでまめに除湿(エアコンのドライ機能)するようにしています。

また寝る30分位前にはメインの照明を落とし間接照明だけにし好きな香りのアロマキャンドルをたいたり音楽(ボサノバ)を聞いたりしてゆったりと過ごしています。

回答日:2006年4月23日

ながやんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:2人

カーテンは専門業者にデザイン、材質を助言してもらいました。
特に光をさえぎる厚手の材質にしたため、昼間でもかなり暗く、ねごこちが好くなっています。
ベッドは毎日使うものなので、米国製の高価で特に腰を痛めないよう硬い良質のものにこだわりました。

回答日:2006年4月23日

公園通りの家さん

  • 50代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

昼間の元気な時間帯ではなく、仕事で疲れて帰ってきた後の夜遅く、あるいは寝起きの朝早く、寝室内で活動することを考えると、動線の妨げになるような余計な物を持ち込まないようにすること。
どうしても必要なものは、作りつけのクローゼットかベッド横に置いたサイドテーブルに全て収納すること。

回答日:2006年4月15日

あやたかさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

今現在、和室で畳の上に布団を敷いて寝ております。
以前住んでいた社宅でも、和室で寝ていたましたが、梅雨の時期に布団が湿気てカビが発生したことがありました。
そこで、それ以来布団の下に除湿マットを敷いています。
除湿マットをひいてからは湿気に悩まされることはなくなりました。

回答日:2006年4月18日

ブラックマンタさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

就寝前のひと時をリラックスするために寝室はシンプルにしています。
家具も最低限にし、地震対策のため固定できるものを使用しています。
また、頻繁にシーツ等は交換したいのでベッドメイキングしやすいベッドを選びました。
素材にもこだわって肌触りのいいものを探しています。
今後は照明を工夫してもっと快適な空間にしてみたいと思っています。

回答日:2006年4月24日

オリーブさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

地震対策として、寝室には家具を置かないことにしています。
また、寝具のファブリックには、肌触りがよく吸湿性のよい素材、落ち着いた色を選ぶようにして、快適な睡眠を心がけています。

回答日:2006年4月23日

かんなづきさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

換気です。
睡眠時間中は居室ということになるので、特に冬は窓を積極的に開けて心地よい空気を入れます。
また、寝具の気持ちのよい肌触りは、なにものにも代え難いので、天気のよい週末はなるべくタオルケット、ふとんカバーを洗濯するようにしています。
(変わっているのですが、首が楽なので枕は使いません)
(シーツ交換は、入院した際その病院では週1回行われていたので、それにならっています。)

回答日:2006年4月20日

ラウレアさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

子供が未就園児で小さいのですが、一人1セットずつ布団をひいています。
広々と寝られます。
我が家はベッドにしていないところも工夫のひとつです。
敷布団シーツはタオル地で温寒どちらもいけるタイプを通販で買いましたが、今度はリネンにしたいと思っています。
子供の掛ふとんカバーは兄妹おそろいのものにしています。

回答日:2006年4月14日

H.Oさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

冬は肌触りの暖かいタオル地のシーツ、夏はひんやりする麻素材や綿のシーツをしようしています。
くつろげる空間にするために、カーテンは緑色で、照明は間接照明を利用しています。
また、ベットカバーはローラアシュレイの花柄でやわらかい雰囲気を出しています。
一日のはじまり、終わりを過ごす空間ですから、自分の好きなテイストでまとめてみると、心地よい空間になります。

回答日:2006年4月23日

ゆきさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

寝室の工夫といえば、喘息の子供のためにまめにシーツなどを洗濯し、布団にも掃除機をして清潔を心がけています。

回答日:2006年4月15日

あちゃもさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

夫婦で同じベッドに寝ていますが、ゆっくり寝たいので固めのマットを選び、クイーンサイズにしました。

また、子供も親と同じ高さで寝た方が子供も安心するので親のベッドとほぼ同じ高さになるベッドを選びました。

回答日:2006年4月22日

でろでろさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

カーテンを遮光にせずに朝日がうっすらと入るようにしました。
夏は日の出も早いので自然に朝日が昇ると目が覚めます。

回答日:2006年4月14日

みすまさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

寝室には、家具を置いていません
親類に阪神大震災で箪笥の下敷きになった方がいるので、その教訓を生かし、箪笥等は、別の部屋に集めて、寝室には倒れるものはありません。
しかし、子供が大きくなってくると、このような贅沢な部屋の使い方も出来なくなると思っています。

回答日:2006年4月23日

みゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

休日は遅くまで寝ていることがあるので、日差しが入らないよう遮光カーテンにしました。
また、晴れた日は湿気を取るよう、2面の窓を開け、ドアも開け放つようにしています。

回答日:2006年4月15日

キキさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

アロマテラピーというほどのものではありませんが、寝室で、コンセントに差し込む形のものでフットライトにもなり、香りも楽しめるアロマライトを使っています。
安眠の為にはラベンダーなどが良いようですが、柑橘系の香りも好きなので、その時々の気分に合わせて様々な香りを楽しんでいます。
フットライトの程よいあかりも、子供にも安心感を与えるようです。

回答日:2006年4月15日

ノアさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

1)冬場は乾燥するため、加湿器を購入しある程度の湿度を保つよう心がけしています。
また、寝ていない時は換気をして窓際が結露しないよう注意しています。

2)ベッドは大きめのダブルベッドを設置し、寝室自体が広くない分、寝るスペースは十分とれることを重視しました。

回答日:2006年4月15日

モカさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

和室に布団を敷いて寝ています。
天気が良い日はシーツを洗濯し布団を干しています。
地震の事を考えて家具は置かないようにしています。

回答日:2006年4月23日

Mijoさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

季節に合わせて蒲団カバー、枕カバー、シーツなどの色合いを替えています
夏は寒色系、冬は暖色系、春や秋もイメージに合った物でコーディネイトして、自然を感じるようにしています。

回答日:2006年4月15日

さやものさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

とにかく広めのベッドです。
寝返りも楽に打てるように配慮しました。
部屋の中でベッドの占める割合が大きいため、ベッドカバーはシンプルな無地の白っぽいものにしました。
その代わり、カーテンは好きな柄で手作りしました。
また、マンションで、ベランダの柵に布団を干すことができないため、布団乾燥機を定期的に使用しています。
本当は日に干したいところですが!

回答日:2006年4月14日

NOBUさん

  • 50代前半・ (男性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:4人以上

洋室ですが布団を敷くので布団置き場を作りました。
照明もリモコンで調整できるタイプにし、布団に入りながら調整できるタイプとしました。
布団の上げ下ろし、収納の際の利便性を考え、夫婦二人とも羽毛布団にしています。

回答日:2006年4月15日

ゆきかさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

壁は白ですが、家具やフローリングはダークブラウンでカーテンはネイビーで落ち着いた印象にしています。
夜はサイドテーブルに置いたランプをonにして寝ますが、寝るときにも邪魔にならず、本も読もうと思えば読める程よい明るさです。
また空気のきれいなところで寝たいので朝の窓明けと空気の入れ替えはもちろん普段は寝室のドアは解放してよどんだ空気がこもらないようにしています。

回答日:2006年4月15日

どらさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

睡眠は人生の1/4~1/3を費やすことから、ベッドにはこだわりました。
おおきめのサイズで体に自然にフィットするやわらかさを求めました。
ほんとはいろいろなベッドを一晩ずつ寝てみたかったのですが。
選んだベッドは当たりだったようで、体が痛くなる事が無くなり、熟睡できるようになり、枕も必要なくなりました。
また朝起きが苦手なため、目覚ましにはアラームではなくCDをタイマーセットし、心地よい音楽を選ぶようにしています。

回答日:2006年4月19日

モンチッチさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

朝が弱いので、ちゃんとおきられるように自然光の入る窓の多い部屋を選んで寝室にしています。
そして、カーテンも遮光カーテンにせずに、光を通す普通のカーテンにしているので、朝の明るさが自然に部屋に伝わり、しっかり起きられるように工夫しています。

回答日:2006年4月16日

あきさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

寝室には、ベッド以外の家具などを置いていません
地震の時のことも考えて、すっきりとまとめています。

回答日:2006年4月22日

マッシーさん

  • 60代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

アレルギー、特に花粉に弱いので、春先の時期は窓は開けられません。
換気も必要でしょうが、万一花粉症の症状を発症してしまった後の苦しさを考えると、開けられません。
代わりに空気清浄機能付きのエアコンを購入、更に独立した空気清浄機も入れています。
布団も干せないので、布団乾燥機は必需品ですね。

回答日:2006年4月15日

おくちゃんさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

夫が不規則勤務なので、昼間もぐっすり寝ることができるように、遮光度の高いぶ厚いカーテン音が静かな部屋を選んで寝室にしています。
外の音が響きにくい部屋なので、気に入っています。

回答日:2006年4月14日

ふぁれんどーるさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

自分に気持ちの良い眠りを与えてくれるようカーテンの色、照明などに気を遣いました。
カーテンは薄めの自分の好みにあった柄を選びまた寝室では寝る前に必ず本を読む習慣があるため照明を目に優しい照明にしました。

回答日:2006年4月14日

GONさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

ベッドを利用しているので、そのマットレスの素材や効用を重視しました。
スプリングやコイル状のものではなく、低発泡を利用し、体重を分散できるタイプです。
寝心地は抜群です。
又、今年の冬はとても寒かったため、エアコンをよく使いましたが、そのため乾燥がひどかったです。
それを避けるため、湯たんぽのようなものを使って、ベッドの中を暖めるようにしました。これがとてもよかったです。

回答日:2006年4月14日

佳辰令月さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

部屋数の都合で、寝室と書斎の機能を両方持つ部屋にしました。
ベッド、サイドテーブル、デスク、椅子、本棚を狭い部屋になんとか配置するためにヒントにしたのは、シティホテルにあるような奥行きが小さめのコンパクトで機能的なデスクやサイドテーブルです。
失敗したのは、部屋のサイズが小さいから、比較的手ごろな価格のエアコンを設置してしまったのですが、
一番温度や湿度管理が必要な部屋だったことを思えば、多機能で音が静かな高性能エアコンを寝室にこそ買うべきだったと思いました。

回答日:2006年4月14日

アンティンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

視線に強烈な色が入らないようにしています。
また照明器具はすべて白熱灯の優しい光にしています。
またベッド上部のカウンターに、ハーブを置くなどして安眠できるようにしています。

回答日:2006年4月15日

pchanさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

24時間空気清浄機を使用しています。
部屋を広く使いたいのでタンスなどは置かず収納にしまっています。
ベランダに隣接していますが、天気の悪い時用に屋内の物干しを置きました。
湿度が下がりすぎたときなどに部屋干しして調整しています。

回答日:2006年4月14日

おさなさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家では、まず湿度です。
子供がまだ小さく一緒に寝ているので。
子供・主人と気管支が弱く真夏でもエアコンをかけながら加湿器を使用しています。

回答日:2006年4月15日

サトルさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

落ち着いて寝られる場所にしたいのでベッドは茶色、寝具はベージュ
それ以外は全て白で統一してあります。
湿度は気になるので、冬は加湿器をおいていますが、窓が一部結露してしまうのが難点です。

回答日:2006年4月14日

ひなとらさん

  • 40代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

ベッド以外何もおいていません
目覚めたときに余計なものが目に入らず、朝日の差し込みのみに囲まれてる感じるので、すがすがしい気分で目が覚めます。

回答日:2006年4月20日

ちゃっぴーさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

にはこだわりをもっています。
自分に合う枕を使うことで、熟睡することができると思います。
また、シーツ、枕カバー等は、まめに洗濯をするようにこころがけています。
洗剤の良い香りに包まれて眠ることが、ストレス解消になっているように感じています。

回答日:2006年4月14日

コミタンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

除湿機能だけでなく加湿機能もついているエアコンを取り付けました。
冬場はどうしても部屋が乾燥して喉がやられやすくなるため、付けてよかったと思います。
また、部屋の換気をこまめに行うこと、リネン類は綿100%のものを使い頻繁に洗濯することを心がけています。

回答日:2006年4月14日

りちゃーどさん

  • 60代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

夫婦でシングルベッドを一つずつ使い、ツインベッドルームとして使っています。
シーツ、枕カバーは綿100%のものを使っています。
シーツは肌触り重視で選びました。
洗濯もなるべく頻繁にして、清潔を重視しています。

回答日:2006年4月14日

たちゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:3人

枕は低反発枕にして、シーツやカバー類は、季節によって素材を替えて夏はさらっとした綿100%のもので、秋冬はタオル地のものからボアシーツまで何種類か揃えています。
また、天気が良い日にはなるべく窓を開けて換気をすることと、まめに布団を干したり、シーツやカバー類も洗濯しています。

回答日:2006年4月19日

pinoさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:2人

カーテンは閉めません
眠れない夜は横浜や川崎のビルの点滅をぼーっと眺めたりします。

回答日:2006年4月14日

パパゲーナさん

  • 70代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

はオーダーしました。
肩などのサイズを測ってもらい、5個のパーツを組みあわせた枕です。
上掛けは、羽毛の厚いもの、薄いもの、タオルケットと色々用意し、気温に合わせてこまかく調節しています。
敷き布団はウール。
木綿わたの時代より軽くて扱いやすく、布団干しが苦でなくなりました。

回答日:2006年4月14日

ゆうぱぱさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

地震がこわいので家具を置かないことです。
倒れてくるもの落ちてくるものがないように気をつけています。
それから照明です。気分が落ち着くように暗めの照明を使っています。

回答日:2006年4月14日

わかなさん

  • 30代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

カーテンにこだわってます。
眠りの浅い主人のために、遮光カーテンでまっくらに、早起きする時はカーテンの下を遮光、上の部分をレース部分にして朝の光を楽しんだりしています。(ツインシェードのカーテン)

回答日:2006年4月14日

パレスサイトさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:3人

キングサイズのベッドに買換えました。
帰宅後リビングやキッチンを使わず寝室に直行する事が多いので毎日座るソファを選ぶ様な感覚で快眠出来るベッドに拘りました
寝室には家電製品(電話、ファックス、パソコン等)を置かずナチュラル系小物を置く様にしました。
アロマキャンドルを数時間焚いたりするだけで緊張が解け安眠出来る様になりました。

回答日:2006年4月14日

きゅうさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

LEDで時刻を天井に表示しています.
目が覚めたとき,時計を探したり電気を点けたりして時刻を確認するのに奮闘してその後なかなか眠れなかった…というようなことが無くなります.
狭い寝室にタンスとベッドを入れると圧迫感が非常に強いので,吊さなければならないコートやジャケットはシステム収納を利用し,他の衣類は全てローチェストに収めています.
壁が全面見えると部屋が広く感じるし,ローテーブル代わりにリモコンなどを載せたりもできるので便利です.

回答日:2006年4月14日

FIGHTMANさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

寝室には、明るさ・湿気の具合が大切だと思います。

回答日:2006年4月16日

せきおさん

  • 90代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

寝室兼私の仕事部屋として使用していますので、方角にこだわり、2面に窓がある部屋を確保しました。
そして静かで落ち着きのある雰囲気を作るためインテリア、照明に私の好みの色、器具を選びました。
寝具もカラーを統一して、寝室全体を癒される雰囲気作りをいたしましたので、とてもリラックスできます。

回答日:2006年4月14日

かしわのドラえもんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

とくにこだわりは無いが、少しでも四角いスペースが確保できるように、万一就寝中に地震がおきても大怪我をしないように家具の転倒防止重くて硬いものを置かないようにしています。
そして冷暖房を極力控えできるだけ自然の状態でやすむようにしています。

回答日:2006年4月14日

亮ママさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

寝室のエアコンは高くても高機能のものを設置しました。
1日の疲れを取る空間であり、主人にとっては1日で一番長くいる部屋でもあるので、その空気には気を遣っています。

回答日:2006年4月21日

kurokiさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

当初予定してた寝室は、結局使いませんでした。
外廊下側なので、足音やドアの開閉音が気になったからです。

試しにリビングで寝てみたら、思った以上に快適でビックリ。
更に南側に面しているため、日中はカーテンを開けておくと、寝具が良く乾いて快適です。

ただ‥‥リビング以外は全く使わなくなっているのが悩みどころです。文字通りリビング=住んでいる状態です。

回答日:2006年4月18日

MOCHAさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

就寝前にはアロマやお香を焚いたりしています。
冬は、エアコンは使用せず、床暖房で対応し、特に寒いときは「デロンギ」のヒーターを利用しています。
掛け布団は、極力軽いものがいい(肩こりになるため)ので、冬でも羽毛布団1枚で、寒いときには、羽毛布団の上に1枚軽いブランケットをかけ、保温に努めています。
また、シーズンに関係なく、肌に直接触れる1枚目は上下とも綿のシーツで統一し、最低1週間に1度は洗濯しています。

回答日:2006年4月24日

もっと見る
閉じる

カテゴリ: 室内の工夫 

人気記事