みんなの住まい

住まいのなかのファブリックで、こだわりや工夫をされていることはありますか?

住まいのなかのファブリック(布)と一口にいっても、ベッドリネン、ラグ、カーテン、クッションカバーなど、さまざまなアイテムがあります。それだけ、直接肌に触れる機会が多い上に、目にする機会も多いことから、住まいの印象も大きく変えうる存在なのではないでしょうか。
そんなファブリックを住まいに取り入れる際に、こだわられていることや工夫をされていることがあれば、教えてください。(2007年12月UP)

さやものさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

ラグは面積が広いので、飽きの来ない、シンプルなものを選びました。クッションはさし色として、何色かおいてありますが、ごちゃつかないようにどれも無地です。また、寝室のベッド周りも面積が広いのでシンプルなものにしています。

回答日:2007年12月18日

エンジョイ生活さん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

ベッドカバーは、タオル生地で、できるだけ簡単にセットできる形式のものを選択!そして、こまめに洗濯するよう心がけています。また、ソファーのカバーも、クッション部分・背もたれ部分が各々取り外し可能なものにし、夏用と冬用で変化を楽しめるようにしたのが、ちょっとした工夫です!

回答日:2007年12月18日

どらさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

ファブリックは色を使うと雑多な感じになってきてしまうのでなるべく無色でシンプルを心がけました。季節ごとに変えたりなどの手間があまり得意でないので、年中通せてラクです。新居には和室がないので、以前からある座布団をどうしようかと困っていましたが、とあるお店で生成り無地の座布団カバーを発見し、無事リビングで活用するようになりました。

回答日:2007年12月18日

まりのさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

ソファがアイボリーホワイトなので、クッションカバーの色を楽しんでいます。今の季節(12月)は、赤と茶で数個揃え、温かさを出してみました。またシーツや枕カバーは、個人のテーマカラーを決めて、通信販売やインテリアショップで気に入ったものが見つかれば購入しています。家族の各人の色が決まっていれば、シーツとかけ布団カバーで色がぶつかることもありませんし、部屋が華やかでかつすっきりすると思います

回答日:2007年12月17日

MICKEYさん

  • 40代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

リビングに南国のイメージを取り入れようと、ハワイアンキルトのスペースラグを敷いたり、海亀が描かれたクッションを置いたりしています。観葉植物のモンステラやアルカヤシを一緒に置くことで、より南国のイメージが湧くようになりました。

回答日:2007年12月17日

ぴーやんさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

リビングのテーマカラーは暖かみのあるクリーム色で統一しています。ソファカバーやクッション、カーテンもクリーム系の色でまとめていますが、好きな薔薇柄も取り入れて少しゴージャスにしています。ただ、淡い色は汚れや色あせが目立つので見慣れてしまわないようにお客様の目線で時々チェックしています。隣の和室は逆に茶系でまとめていまして、座布団やタペストリーもシックな色にしています。リビングとは対照的ですが、それで切り替えが出来てなかなか面白いかなと気に入っています。

回答日:2007年12月17日

るりたまあざみさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

お部屋に入る光の量や窓の大きさに合わせてファブリックを選んでいます。リビングは朝の光がたくさん入り明るい部屋です。落ち着いた雰囲気にしたかったので茶系のシンプルなカーテンと淡い紅茶色のレースカーテンにしました。ソファ(茶系)やダイニングの椅子(濃緑)も同テイストで。ただそれだけだと寂しくなるのでクッション等に濃い赤等を使って遊んでいます。これに比べ寝室はあまり日が差さなく暗い為クリアな黄色のクラシックな花柄のカーテンにしました。また外廊下の照明が入るので遮光タイプのものにしました。面積が小さいのでうるさくなることもなく元気な雰囲気になり気に入っています。

回答日:2007年12月17日

GONさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

なかなか細かいところまで行き届かないため、強いこだわりはありませんが、季節やイベントに合わせて、多少なりとも工夫しています。例えば、テーブルに敷いているセンターテーブルは、季節やイベントに合わせて、替えています。また、ソファの足元に敷いているラグは、夏はさらっとしていて気持ちがいいものに、冬場は足元から寒くなるので、色も素材も暖かみのあるものを使っています

回答日:2007年12月16日

ながやんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:2人

季節に合わせて変えるようにしています。猫を飼っているので、玄関マットは猫に関する図柄にこだわっています。またベッドルームのラグは、へやにあわせたデザインにしています。リビングルームのクッションやソファーカバーは、ベージュの無難なものとしています。

回答日:2007年12月16日

VOLVER‐S90さん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

フローリングや家具の色調がダークなブラウンなので、必然的に調和する色というのが絞られ、わが家ではファブリック類は寝室以外はグリーンでそろえることにしました。テーマカラーを決めてしまうと、たとえカバーを付け替えるにしても同じグリーンの色調のもので選べばいいし、小物もグリーンかブラウン系ならなんでもしっくりくるので探しやすいです。寝室はピンク系なので、ベッドまわりはココア色のファブリックでそろえました。ただどちらも、あまり柄物は取り入れず、単色にした方が飽きずに長く愛用できるように思います。

回答日:2007年12月16日

あちゃもさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

ファブリックの中でも比較的面積の大きなラグは部屋の印象を大きく左右するものなので少々こだわり、あちこちのインテリアショップに夫婦で見に行き、結局中東風のラグに決定しました。こだわって決めたものなので、非常に気に入っており、冬はラグの下にホットカーペットを敷いて一年中使っています。人によっては、色々シーズンによって使い分けたりしている方もいらっしゃると思いますが、気に入ったものを一年中使うのも良いと思います

回答日:2007年12月16日

スィートラベンダーさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

部屋の雰囲気がいつでも変えられるように、ソファは生成りの布地のものを選び、布でカバーするようにしました季節ごとにも替えられるし、以前ヨーロッパのおみやげで毛布をいただいたのですが、柄が素敵だったので普通に使うのがもったいない気がして、冬場にソファにかけたりして楽しんでいます。ときどき、主人が昼寝のときにかけ毛布にしようとしているので要注意ですが…(笑)。

回答日:2007年12月16日

モンチッチさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

ラグマットは、夏場はイグサや、竹のござで涼しい素材のものにし、冬場は暖か素材のラグとホットカーペットをしいています。カーテンも、夏場はせずに、すだれを窓に取り付け、直接日光が入らないようにしています。座布団も、夏場はイグサのカバーにし、それ以外の気候は綿素材のカバーをしています。割とファブリックは、使い捨て感覚で変えています。

回答日:2007年12月15日

pinoさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:2人

クッションなど、冬は暖色系、夏は涼しげなもの、と取り換えております。

回答日:2007年12月15日

おくちゃんさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

ファブリックは家具にかけたり、ソファにかけるだけで雰囲気がガラッと変わるので、季節毎にいくつか用意しておいて12節気におおよそ合わせて、季節感が出るように色々と取り替えています。ランチョンマットやラグは季節が一目でわかるようなものを選ぶようにしています。クリスマスならツリーやサンタさんがあるものを選んだりしています。出し入れしやすいように着物が入っていた細い棚を利用しています。

回答日:2007年12月15日

亮ママさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

ソファーに置くクッションは意外に部屋の印象を変えるものです。季節に合わせ、素材や色を変えて楽しんでいます。

回答日:2007年12月14日

ブラックマンタさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

季節や行事に合わせてファブリックを取り替えてアレンジしています。特に布を壁に飾るのが好きなのですが、これは1~2ヶ月に一度は交換して楽しんでいます。大きな面積を占めるので部屋の雰囲気ががらっと変わってリフレッシュできる気がします。絵を掛け替えるような感じですね。アレンジする際に気をつけていることは、柄を多用しないことと色調です。どこか一箇所だけに柄を使うようにして、他のファブリックは無地のものにするようにしています。そうすると素人の私でもそれなり(?)のインテリアになっているような気が・・・。

回答日:2007年12月14日

なつごろママさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

ファブリックは気軽に取り替えられるように、自宅で簡単に洗濯できるものを中心に、旅行先でも生地を購入したりして、クッションカバーやランチョンマットを手作りしています。インドネシアのバティックやタイシルクなどのファブリックが室内にあると旅行の思い出がよみがえってきます。。旅先でも生地を探すのは楽しみのひとつになっています。

回答日:2007年12月14日

サトルさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

リビングはパブリックスペースなので、誰でも落ち着ける色合いを考えてナチュラルな配色を心がけています。グリーンやブラウンやイエローの薄いトーンです。寝室もぐっすり眠れるように、濃いブラウンやホワイト、薄いイエローを使うようにしています。基本的には壁紙や床の色の同系色を使い、小物でアクセントを入れています

回答日:2007年12月14日

かんなづきさん

  • 50代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

室内の目に入る色が多色に及ばないよう、実用性の高い繊維については、モノトーン(柄物でないもの)を選ぶようにしています。ただ、クッション、テーブルクロス、洗面所のタオル等は、気分に合わせて取り替えたくなり、プロバンス柄のコットン生地製品、タオル専門店が近くにあることもあって、シーズンのバーゲンでは、これらファブリック類を購入することが多いです。

回答日:2007年12月14日

pchanさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

シンプルモダン主義の我家では、少し低めのシンプルなテーブルを使用。それに合わせたソファをと考えましたが、なかなかぴったりの高さの物は見つかりませんでした。まだアレルギーがあるので、カバーの交換性も重視していました。肌に触れるものだからと妥協をせず探しました。探し回った結果、あるショップでぴったりのサイズの物が見つかりました。子供に汚されてもカバーが交換でき、色違いの交換カバーにより、部屋のイメージチェンジにも寄与しています。

回答日:2007年12月14日

オリーブさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

季節ごとに取り替えて、素材や色で、例えば冬なら温かみのあるものに、真夏は見た目も涼しいものを取り入れるように心がけています。旅行土産のエスニックな布をインテリアのアクセントとして取り入れたりもしています。

回答日:2007年12月13日

ひなとらさん

  • 40代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

基調はシンプル イズ ベストです。家具はあまりおかない主義ですので、広く見せるためにもさりげなさを考え、小さめで白いものでまとめています。布自体はアレルギー体質の家族を気遣って、毛の出ないものを選んでいます

回答日:2007年12月13日

コミタンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

ファブリックでのこだわりといえば、カーテン、ラグなどの色調をベージュ系でまとめていることくらいです。素材は色々ですが、色が落ち着いているので部屋でゆったり過ごせ、私は気に入っています。

回答日:2007年12月13日

のんさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

色の「統一感」を大事にしています。床や壁、家具が白に近い色なので、ポイントになる「効かせ色」が、部屋全体の統一感を邪魔しないような分量・色彩を選んでいます。例えば、枕カバー、布団カバーは寝室のカーテン柄と歩調が合うようにしたり。洗面所のリネン類は、収納棚や引き出しの色と違和感がないように。リビングは、白で統一した家具に対してアクセントになるようなカバーを、という具合です。白の面積が多いと、基本的に何を合わせてもうまくいくのですが、アイデアや工夫次第で随分と印象が変わります。

回答日:2007年12月13日

きゅうさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

部屋全体の雰囲気を考えて、目線よりも下にくるものには濃い色。上にくるものには薄い色を使うようにしています。家の中にいろんな色が溢れるのが嫌なので、家具類は床や扉にあわせて濃い茶系で統一し、カーテンや寝具類は茶系から黄色系までありますがベージュ系で統一という感じです。

回答日:2007年12月13日

NOBUさん

  • 50代前半・ (男性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家では夫婦ともに自然素材が好きなので、ソファやダイニングテーブル、リビングテーブルなどには一切カバーなどはかけていません。そんな中で枕カバーだけは四季に合わせて取り替えています。タイミングを合わせてパジャマも使い分けします。新鮮な気分で気持ちよく眠れますよ

回答日:2007年12月13日

あきさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

クッションカバーは季節に合わせて、変更しています。基本的にシンプルなハワイアンが好みで同じハワイアン柄でも色によってかなり雰囲気が変わります。飾っている額の中も季節に合わせて、ハワイアンな生地を使って統一感を作っています

回答日:2007年12月13日

KOTOさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

家具はなるべく置かないようにしています。部屋が広く見えるためです。掃除もそのほうがしやすいですし。ただ、ちらからないようにだけ気をつけています。もともと持っていたテーブルが白系だったので、自宅で使っているソファは色を統一しました

回答日:2007年12月13日

わかなさん

  • 30代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

ファブリックに特にこだわりはないのですが「季節感」と「肌触り」にはこだわってます。例えば、夏だと「涼しげ」な色などといった感じでラグも季節によって、素材、色には気を使ってます。

回答日:2007年12月12日

ノアさん

  • 40代前半・ (男性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

色については統一感をだし、薄いグリーンやホワイト色をカーペットやクッションカバー、カーテンなどに取り入れました。

回答日:2007年12月12日

アンティンさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

季節に応じて、リビングルームのソファのクッションは替えています。また、ラグも色は決めていますが、季節に応じたテクスチャーのものに替えています

回答日:2007年12月12日

さざんかさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:シングル

1)ファブリックは「ごまんと」あります。ほとんど手作りです。昨年迷いに迷っていたミシンを購入してから怒涛のごとく作成。テーブルクロス、チェストクロス、TV台カバー、クッションを同柄で作りました。素材は綿レースが好きです。生地を見るとほしくなり、前世に何かあったんじゃないかと思うほどです。


2)今年の秋はかなりフンパツして1600円/mのソレイヤードの生地で秋冬セットを作成しました。


3)キッチンとリビングをゆるやかに仕切るにはファブリックに限ります。


4)リビングに続く寝室には引き戸がありますが、隔絶感が出るので、すけ感のある生地と大好きな綿レースの二重カーテンを使っています。「見えるか見えないか感」にこだわりがあります


5)大物はソファカバーです。型紙がないわけで、アーム部分に苦労しました。「ちょっと不満足なでき」ですがなにぶん大物なので次作に取りかかれません・・・。

回答日:2007年12月12日

ショパンさん

  • 60代後半・ (男性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

素材が綿・絹のような自然のもで、気に入ったものなら何でもいいと思います。

回答日:2007年12月12日

キキさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

まずはメンテナンスのしやすさにこだわりました
特にカーテンはドライクリーニングオンリーのものだと、業者に出す費用もかかりますし、何よりもその間、カーテンなしの生活をしなければならず、大変不便です。

それから季節によって変化を楽しめるような工夫もしています
我が家は飽きのこないアイボリーを基本色にした上で、比較的取り替えやすいクッションカバーやラグ、ランチョンマットなどを、季節に応じた色のものに替えることで季節感を演出し、インテリアを楽しんでいます。

回答日:2007年12月12日

おさなさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家では季節に応じてお客様に出すコースターを変ております
春はさくらの柄・夏はブルー系・秋はもみじ柄・冬は赤系と飲み物によっても変わりますが色々とそろえるのも楽しいですよ。

回答日:2007年12月12日

みゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

タピストリーを毎月、季節に合ったものに取り替えています
また、床のラグとスリッパは夏冬に交換するようにしています。

回答日:2007年12月12日

きょろちゃんさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:4人以上

タペストリーを毎月、季節に合ったものに取り替えています
また、床のラグとスリッパは夏冬に交換するようにしています。

回答日:2007年12月12日

さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(4LDK)
  • ご家族:3人

ベッドリネンやクッションカバーは、各部屋のカーテンや雰囲気に合わせて、コーディネイトしています。
ランチョンマットは、各自の好みの色を基調に、季節によって素材を麻や綿、レースなどに替えています。
また、パソコンやプリンターなどに柔らかい色調のカバーを掛けて、埃よけの他に機器の冷たい印象を和らげています

回答日:2007年12月12日

かしわのドラえもんさん

  • 60代前半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:4人以上

我が家は、ファブリックはもちろん、お正月の松飾からクリスマスリーフまで家内が全てコーデネイト。

普段でも、ダイニングのランチョンマット、居間の敷物、ソファーカバー。
(一番念入りなのは、門扉から階段状の玄関までに、ポットフラワーやコニファーでアクセントづけ、防犯を兼ねたプランターでのガードなど。)
一年中どこかが変わっていて家族の私たちも楽しませて貰っています

回答日:2007年12月12日

ゆうぱぱさん

  • 40代後半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

ソファはリビングで大きなウエートを占めます。この色が部屋の印象を決めると思い、カーテンの色に合わせました。そうすることで落ち着いたものになりました。

回答日:2007年12月12日

H.Oさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

ソファーカバーは季節によって色を変えています。冬は落ち着くモスグリーンやクリスマスの柄のカバー、春と夏はベージュです。またクッションも季節によって変えています。

また、テーブルクロスも春は花柄、夏は白地、秋はぶどうの絵が描かれたオレンジ、冬はクリスマス柄や赤のものを使用して季節感を出すようにしています。
カーテンをベージュにしたので、そのほかのファブリックの色で遊んで季節感を出すのは楽しいですね。

回答日:2007年12月12日

せきおさん

  • 90代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

季節感のあるファブリックが好きですので、季節の変化に対応した色彩、素材を集めています
クッションやテーブルクロス、ナプキンなどは、夏には涼しさを感じるように、冬は暖かさが欲しいので、色彩や素材を考えます。
誰からも好ましく思われるファブリックを使って生活をたのしんでおります。

回答日:2007年12月12日

たちゆきさん

  • 50代前半・ (女性)
  • 一戸建て(5LDK)
  • ご家族:3人

季節に合わせ、夏はクッションカバーなどをさらっとした素材に替えて色も明るくします。冬は暖かい素材と色にしています。
ソファーカバーは、来客時には取り替えています。普段用と分けることで、主人もリラックスして寝そべっています。

回答日:2007年12月12日

kimikoさん

  • 70代前半・ (女性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:2人

数年前リフォームをした際、一番こだわったのはソファーセットの色と材質でした。
たった一つ残した好きな額絵6枚(セット)に合わせるために、かなり試行錯誤しました
結局、オフホワイトの布地(外国製)にしましたが、これも汚す者が居なくなったシニア生活だからできたことだと思っています。

最近、アメリカのメーカーのベッドセット(シングル2点)を発注しました。
やはり欧米のリネンは、デザインが素晴らしく、耐久性、使用感もよく、送料を入れても 決して高くありません。素敵ですよ。お勧めします。

回答日:2007年12月12日

FIGHTMANさん

  • 40代後半・ (男性)
  • 一戸建て(4LDK)
  • ご家族:3人

ソファとリビングの組み合わせには工夫を凝らしました。

回答日:2007年12月12日

ゆきかさん

  • 40代後半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

インテリアファブリックで大きな面積をしめ、印象を左右するのは、カーテンとソファの張り地です。同調するように選んだらたまたま、両方イタリアの生地で、気に入っています。

タオルはいただきものが多いのですが、自分で買うのなら洗面室、お手洗いの色調に合わせて、アイボリーやクリームと決めており、よいデザインのものがあったときに買っておきます。消耗品なので、来客用→普段使い→雑巾と徐々にランクダウンさせていき、気持ちよく、無駄のない使用法を心がけています。

季節でソファやクッション、カーテンを替えることは特にしませんが、クリスマスのときはソファにはクリスマス模様の大判バスタオルをかけたり、洗面室、お手洗い、キッチンのタオルやエプロンはクリスマス柄にしています

回答日:2007年12月12日

ふぁれんどーるさん

  • 60代前半・ (男性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:3人

ファブリックでこだわっているのは色合いです。ソファーから揃えていくうちに私が好きな薄いグリーン系統で統一しております。
ソファー、カーペット、カーテンなど色彩を統一いたしますとお部屋が素敵に見えます。

回答日:2007年12月12日

佳辰令月さん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:2人

大きな面積を占めるものはナチュラル色の無地系で、ポイントにクッションやラグで、アクセントになる濃い色や柄ものを使っています。
テーブルライナーは織りの帯地を使って、和の雰囲気作りに生かしています。
のれんも季節感を出す良いアイテムだと思います。

回答日:2007年12月12日

パレスサイトさん

  • 50代前半・ (男性)
  • マンション(1LDK)
  • ご家族:3人

なるべく柄物素材(プリントやジャガード)は避け、部屋が広く見えるように無地のバーティカル(直線的、縦方向)な組織(くみおり)を選択しました
またシルクや麻などの天然素材には拘らず、ポリエステル等の合繊素材を取り入れた素材も耐久性があり色褪せする事が無く購入当初の素材感が保てております。

回答日:2007年12月12日

でろでろさん

  • 50代前半・ (女性)
  • マンション(2LDK)
  • ご家族:3人

ベッドなどのリネン物は取り替えが気軽に出来るように揃えました。
我が家では玄関とリビングにラグを壁に吊るしてインテリアにしています。このラグと色違いでマットなども揃え洗面所、トイレなどにも使用しています

回答日:2007年12月12日

ちゃっぴーさん

  • 40代前半・ (女性)
  • マンション(3LDK)
  • ご家族:2人

ファブリック次第で、部屋のイメージが決まると思うので、購入時は慎重に選びます。
色もそうですが、肌触りも重要ではないでしょうか
最近は、シンプルに飾りすぎないように心がけています。

回答日:2007年12月12日

もっと見る
閉じる

カテゴリ: インテリア 

人気記事